*

マーケティング担当者も特許や意匠登録の活動に参加したほうがいい理由

公開日: : 意匠, 特許, 特許戦略

Pocket

モノづくりでマーケティングは欠かせません。特にB to Cのメーカーにとって、狙うべきマーケットの選定と獲得は重要です。

photo credit: Thomas Hawk via photopin cc

スポンサードリンク

ユーザー目線で語れる人が必要

その点、企業のマーケティング担当者は、ユーザーのアンケートや本音を実地調査しているため、商品企画に必要な情報源となります。 

また先発の企業を出し抜くには、先発組がいないエリアをねらっていくべきです。そのエリアがどこなのか?狭いのか?広いのか?そこはマーケティング担当者の専門でしょう。 

しかしそのエリアでもし先発組(または後発組でもマーケティングがうまいどこかの会社)に特許や意匠登録を取られていたら、そこはいずれレッドオーシャンと化すリスクがあります。 

それにマーケティング担当者と、知的財産担当者のみならず商品企画担当者が情報共有しなかったら、実は他社の特許や意匠登録を侵害する商品を開発していたり、売れる商品のアイデアが行き届かず機会損失したりするリスクもあります。 

そういうリスクを回避するには、マーケティング担当者も積極的に特許や意匠登録の活動に参加すべきでしょう。 

≪まとめ≫

やっぱりユーザー目線で語れるって大事ですよね。それに仕様通りに製造しても、実際は微妙に寸法が違ってて不具合を起こすなんてことはありがちです。現場ではどのようにモノがつかわれているか?そのような生情報がいいモノづくり、そして価値ある特許や意匠登録の活動につながります。

2014年11月19日

著者 ゆうすけ

<関連記事> 

ダイレクトマーケティングのシュガーマンも語る特許・商標・著作権の重要性

営業担当が特許のことを知らないと営業トークでライバル企業に負ける時代 

営業戦略に特許と意匠登録を活かす3つの具体策

Pocket



関連記事

02

コロプラを訴えた任天堂特許戦略の考察

  2018年も新年早々、知的財産関連のビックニュースが飛び込んできました。ご存知、

記事を読む

14561581102_472fb7425c (1)

コンサル重視に転換する製造業に期待すること

先日(2016/5/9)、「日立、営業2万人増員 コンサル重視へ転換」という記事が日経新聞に

記事を読む

26443844932_c18ddab420

地域の知財活動に役立つサイトまとめ

日本では、特許庁が知的財産(以下、「知財」)の取りまとめをしていますが、特許庁は経済産業省の

記事を読む

inf160417

熊本地震で影響を受けた手続の救済措置

©特許庁※画像にリンクあり[/caption] 2016年4月14日から発生している熊本地方

記事を読む

4201580931_07bf5403d6

プロダクトデザインを意匠と特許で守る訳

プロダクトデザインの保護といえば意匠、というのは皆さんご存知かと思いますが、特許でも保護でき

記事を読む

02
コロプラを訴えた任天堂特許戦略の考察

  2018年も新年早々、知的財産関連のビックニュース

20170127tmd01
ピコ太郎さんも驚きの商標トラブル!エイベックス社が巻き込まれた状況を図解

  ピコ太郎さんの話題は2017年になってもまだまだ衰

20101606281_259b4e6f8c
社外弁理士に存在価値はあるのか?

先日(2016/5/16)の日経新聞に、「企業の枠越え 法実務

14561581102_472fb7425c (1)
コンサル重視に転換する製造業に期待すること

先日(2016/5/9)、「日立、営業2万人増員 コンサル重視

26443844932_c18ddab420
地域の知財活動に役立つサイトまとめ

日本では、特許庁が知的財産(以下、「知財」)の取りまとめをして

→もっと見る



  • 弁理士/監査役/ブロガー。中堅企業、中小・ベンチャー企業、スタートアップに適した知的財産活動を提案。 「地域発 ヒット商品のデザイン」でネーミングと商標登録のコラムを掲載。
PAGE TOP ↑