*

商標登録した後にロゴを変更するコツ

公開日: : 最終更新日:2014/10/21 商標, 商標戦略

Pocket

商標登録したロゴは基本的に変更しないほうがいいです。変更するとせっかく登録した商標の効力がかわるからです。気づかず使っていたら商標権の範囲外だった!なんてことになると悲惨です。

しかしそうはいっても変更しなきゃいけないときもあるでしょう。デザインを一新すればマーケティング効果も見込めたりするからです。

そこで商標登録した後にロゴを変更するコツ(セーフ or グレー)をいくつか紹介します。 ちなみに商標登録してある部分を『ABC』とします。

photo credit: blakespot via photopin cc

スポンサードリンク

商標登録したロゴの横にスペースを空けて小さく文字をつける(セーフ)

基本的に、商標登録した『ABC』が目立つようにするのが大切です。ここで『def』が、指定商品との関係における一般名称や略称ならセーフです。

しかし『def』が他人の商標登録だったら商標権の侵害になるのでご注意ください。

色を変える(セーフ)

商標法上、色違い商標は同一商標です。だから基本的にセーフ。特に単色から他の単色に変更する限り、まず問題ないでしょう。

ところが文字が違っても例えば赤・青・黄の組み合わせが同じで全体的に似ている他人の商標登録があったら、商標権の侵害になるのでご注意ください。

商標登録したロゴと同じ大きさ・同じ書体の文字をつなげる(グレー)

全ての文字が一連一体になっている場合、違う商標とみられてしまうおそれがあるためグレーです。

例のように、大文字『ABC』と小文字『def』の違いがある場合は、スペースがなくても一連一体とはならないこともあります。

商標登録したロゴより大きいロゴの一部にする(グレー)

まずありえないでしょうが、商標登録したロゴより他のロゴが大きく目立っている場合、違う商標とみられてしまうおそれがあるためグレーです。

例のように、色を変えている場合は、『ABC』単独の商標と判断してもらえる可能性もあります。

≪まとめ≫

基本的には登録した商標をそのまま使うのが無難です。一方、ロゴを変更したら、変更後のロゴを商標登録するのが無難です。しかし余計な分まで商標登録しないためにもどこまでがセーフでどこまでがグレー(or アウト)かをちゃんと専門家に確認することをおすすめします。

2014年10月21日

著者 ゆうすけ 

Pocket



関連記事

20170127tmd01

ピコ太郎さんも驚きの商標トラブル!エイベックス社が巻き込まれた状況を図解

  ピコ太郎さんの話題は2017年になってもまだまだ衰えるところを知りません。話題性

記事を読む

26443844932_c18ddab420

地域の知財活動に役立つサイトまとめ

日本では、特許庁が知的財産(以下、「知財」)の取りまとめをしていますが、特許庁は経済産業省の

記事を読む

23138252250_5c507023ca

ハッシュタグの商標戦略の考察

先日、「ハッシュタグも知的財産--商標登録する海外企業」という興味深い記事が公開されていまし

記事を読む

photo credit: life in sacramento : spell casting, california (2015) via photopin (license)

「必殺技」の商標戦略の考察

バンダイが「必殺技」を商標出願したというニュース(2016/3/15)が報じられました。ゲーム業

記事を読む

25236620725_4df53fb958

ジェネリック家電のコピーを防ぐ特許戦略

photo credit: blood test via photopin (license)[/

記事を読む

02
コロプラを訴えた任天堂特許戦略の考察

  2018年も新年早々、知的財産関連のビックニュース

20170127tmd01
ピコ太郎さんも驚きの商標トラブル!エイベックス社が巻き込まれた状況を図解

  ピコ太郎さんの話題は2017年になってもまだまだ衰

20101606281_259b4e6f8c
社外弁理士に存在価値はあるのか?

先日(2016/5/16)の日経新聞に、「企業の枠越え 法実務

14561581102_472fb7425c (1)
コンサル重視に転換する製造業に期待すること

先日(2016/5/9)、「日立、営業2万人増員 コンサル重視

26443844932_c18ddab420
地域の知財活動に役立つサイトまとめ

日本では、特許庁が知的財産(以下、「知財」)の取りまとめをして

→もっと見る



  • 弁理士/監査役/ブロガー。中堅企業、中小・ベンチャー企業、スタートアップに適した知的財産活動を提案。 「地域発 ヒット商品のデザイン」でネーミングと商標登録のコラムを掲載。
PAGE TOP ↑