*

ワールドカップと同じようにキャリアプランも4年周期で設定するとまとめやすい

公開日: : 最終更新日:2014/11/15 弁理士, 弁理士キャリア

Pocket

 

2014年ワールドカップが開幕しました。日本時間の今朝、日本の初戦が行われましたが、コートジボワールに惜しくも2:1で負けてしまいました。とても残念ですが、気持ちを切り替えて2戦目,3戦目に挑み、ぜひ予選リーグ突破してほしいです。 

ところで初戦は敗退したものの、前回大会からの4年間で日本選手の個々の実力は大きく成長したのは確かです。それは世界のトップリーグで活躍する選手が増えたことから明らかです。そして試合前のインタビューでは、この4年間の集大成をみせたいということをどの選手も語っていました。 

つまり選手たちにとって、ワールドカップは節目であって、4年周期で自身の未来像を描いているように思いました。そしてこのことを自分に置き換えると、たしかにこの4年間で一つのキャリアプランを達成していることに気づきました。 

そこでぼくが4年間どう考えてキャリアプランを形成したかをまとめました。

photo credit: Christolakis via photopin cc 

スポンサードリンク

基礎体力づくり(1~2年目) 

弁理士に登録した年です。ぼくはすでに特許の仕事のキャリアが2年ありましたが、弁理士としてではなく、あくまでも技術者としてのキャリアです。そのため弁理士としてスタートを切れたのは今から4年前になります。 

弁理士の場合、特許や商標の実務を一人でできるようになるには、それなりの仕事量をこなさないと厳しいことを実感していました。そのため仕事を与えてもらえる環境(特許事務所への就職)を選択しました。 

そして弁理士という責任を背負ってひたすら実務をこなしました。最初は先輩弁理士のOJTもあり、まずは型にはめて仕事をこなせるようになることを徹底的に意識しました。自分で集客したり情報発信したりするのは二の次だと思ったからです。 

経験の蓄積(2~3年目) 

基礎体力がつきつつ、自分で出した結論、たとえば事例に応じた特許や商標の取り方の的中率が上がってきたことを感じられてきました。仕事も内容も事務的なルーティンワークから個別のお客さん対応や戦略立案にシフトしてきました。 

またこのころから積極的に外部活動を始めるようになりました。そうはいっても経験が浅かったため、まずは中小企業があつまる展示会や異業種交流会などに顔を出すようにしました。幸い、弁理士に会うのは初めてとか、そもそも弁理士なんて知らなかった、といってもらえることが多かったです。 

そして中には出会ってから1年後に連絡をくれて、ぼくに仕事を依頼したいというお客さんが出てきました。これはとても嬉しかったです。この確率でいうと、100分の1くらいでしょうか。つまり100人(100社)のお客さんと名刺交換して、仕事につながったのが1人(1社)という確率。しかしぼくの活動への想いが伝わったと実感できた、確かな一歩でした。 

実績と次の4年目の準備(3~4年目) 

自ら出会ったお客さんから仕事の依頼を受け、その結果がではじめた時期です。このころから一人で自信をもって決裁できるようになりました。その分責任も重くなり、仕事への取組みがまた一段と引き締まった感覚を覚えています。自分の判断ミスがお客さんにとっては致命傷になりかねないからです。 

またこのころから自分の暗黙知を外部や後世に伝えることを意識しはじめました。どうすれば自分の経験や知識をわかりやすく伝えられるか?自分がいなくても仕事が回るか?お客さんが自社で取り組めるか?など、第三者の視点から考えるようになりました。その意識の具体的な活動の一つがこのブログです。 

そして4年目が過ぎようとするころにまた一つ違う環境に行ける選択肢が増えました。それは弁理士としてほとんど前例の会社経営に関わるミッションです。これはぼくにとって次の4年のイメージが明確になるチャンスでもあります。 

≪まとめ≫

この4年間で感じたことは、とにかく考えること,発信すること,継続することの大切さです。これは仕事人として生きるには欠かせない3つのファクターだと確信しました。幸せなことに、ぼくはこの3つを実現できる仕事を選べたと自負しています。いろいろあった4年間でしたが、ワールドカップで奮闘している日本選手の活躍をきっかけに、こうして振り返ることができて嬉しく思います。

2014年6月15日

著者 ゆうすけ

↓↓↓このブログが気になった方はこちらもどうぞ!↓↓↓

このブログの中の人って誰?

 光栄です!コラム書かせていただきました。

Pocket



関連記事

20101606281_259b4e6f8c

社外弁理士に存在価値はあるのか?

先日(2016/5/16)の日経新聞に、「企業の枠越え 法実務磨く」という記事が載っていまし

記事を読む

IMG_3676

「世界をよくする仕事」で稼ぐ著書・大澤亮氏に学ぶキャリア形成に大切な3つのこと

仕事人ならキャリアはずっと付いてきます。他の人より光るキャリアの持ち主なら、予期せず転がって

記事を読む

5528275910_52c9b1ffb4

弁理士の仕事はどうなる?人工知能が特許調査してくれる時代とこれからの働き方

人型ロボットや人工知能が発達したら、人の仕事がなくなっちゃうかもしれませんね。 10年

記事を読む

2043072523_04cb3b0512

成功体験の反省も大事!「計画された偶然性」を意識すると人生が変わってくる

しばらくブログをサボってしまいました。仕事とプライベートで何かと盛りだくさんだったため、ブロ

記事を読む

book150814

弁理士が主人公の本「ぼくは愛を証明しようと思う。」を現役の弁理士が読んだ感想

ネットニュースでこの本のことを知り、なんと主人公が弁理士!ということで、早速購読しました。モ

記事を読む

02
コロプラを訴えた任天堂特許戦略の考察

  2018年も新年早々、知的財産関連のビックニュース

20170127tmd01
ピコ太郎さんも驚きの商標トラブル!エイベックス社が巻き込まれた状況を図解

  ピコ太郎さんの話題は2017年になってもまだまだ衰

20101606281_259b4e6f8c
社外弁理士に存在価値はあるのか?

先日(2016/5/16)の日経新聞に、「企業の枠越え 法実務

14561581102_472fb7425c (1)
コンサル重視に転換する製造業に期待すること

先日(2016/5/9)、「日立、営業2万人増員 コンサル重視

26443844932_c18ddab420
地域の知財活動に役立つサイトまとめ

日本では、特許庁が知的財産(以下、「知財」)の取りまとめをして

→もっと見る



  • 弁理士/監査役/ブロガー。中堅企業、中小・ベンチャー企業、スタートアップに適した知的財産活動を提案。 「地域発 ヒット商品のデザイン」でネーミングと商標登録のコラムを掲載。
PAGE TOP ↑