*

こんな弁理士にはなりたくない3つの欠点

公開日: : 最終更新日:2014/11/23 弁理士, 弁理士キャリア

Pocket

弁理士は日本に約1万人います。これは国家資格の中では少ないほうです。弁護士は約3万3千人、税理士は約7万5千人です。

今のところ、この差は納得です。そもそも弁理士ってなにするのかあまり知られてないくらいですから。

でもそれじゃダメだと思うんです。もっと求められる存在になるべきだとぼくは考えてます。そして求められる存在になるには、お客さんとの信頼関係につきるはずです。

そこでこんな弁理士にはなりたくない3つの欠点を考えてみました。

photo credit: johnivara via photopin cc

スポンサードリンク

専門用語ばかりつかう

法律名とかその言葉を使わないと説明しようがないことならまだしも、ちゃんと考えれば言い換えられることすら専門用語で説明するのは自己満足に過ぎません。

ただでさえアイデアやデザインなど実態がないものを守ろう・活かそうというときに、難しい言葉や専門用語でで説明されて理解できるわけがありません。煙にまかれるってやつですね。

っていうか、専門用語しか使えないということは、その意味をちゃんと理解していないからそれでしか説明ができないんじゃないかって思っちゃいます。 

リスクをちゃんと伝えない

事が重大なほどリスクは伝えるべきです。特許がとれないリスク、ケンカに負けるリスク、情報が流出するリスク、知的財産を活用するにもいろんなリスクがつきものです。

でもそのことを言わずに仕事だけ受け、悪い結果になったのは運が悪かったとか仕方なかったというのは、プロ失格だと思うんです。計画は悲観的にし、実行は楽観的にすべきではないでしょうか。

それにリスクを伝えることは決して自分の無能さの言い訳ではありません。先に伝えておくことで、大きなトラブルを回避することは、お客さんにとって何よりも大事なことのはずです。

判断の根拠がない

弁理士はお客さんの相談を聞き、この先どうすべきか?どうなるか?を判断します。だから結論をだすには、過去の特許や裁判例やネットを検索し、判断の根拠を探します。

判断するには根拠が不可欠です。そしてそう判断した理由を根拠と共に示すべきだと思います。根拠がない判断は、その弁理士の個人的な意見に過ぎません。

だから根拠もわかりやすく伝えられるように整理しておくべきでしょう。

≪まとめ≫

これらは弁理士に限らず全ての専門家に言えることだと思いますが、自分自身の戒めにしています。少なくともこの3つの欠点は持たないように心がけています。

2014年11月22日

著者 ゆうすけ 

<参考>
弁護士数の推移(1950年~2013年)
全国の税理士会、税理士登録者数
日本弁理士会会員の分布状況

Pocket



関連記事

20101606281_259b4e6f8c

社外弁理士に存在価値はあるのか?

先日(2016/5/16)の日経新聞に、「企業の枠越え 法実務磨く」という記事が載っていまし

記事を読む

IMG_3676

「世界をよくする仕事」で稼ぐ著書・大澤亮氏に学ぶキャリア形成に大切な3つのこと

仕事人ならキャリアはずっと付いてきます。他の人より光るキャリアの持ち主なら、予期せず転がって

記事を読む

5528275910_52c9b1ffb4

弁理士の仕事はどうなる?人工知能が特許調査してくれる時代とこれからの働き方

人型ロボットや人工知能が発達したら、人の仕事がなくなっちゃうかもしれませんね。 10年

記事を読む

2043072523_04cb3b0512

成功体験の反省も大事!「計画された偶然性」を意識すると人生が変わってくる

しばらくブログをサボってしまいました。仕事とプライベートで何かと盛りだくさんだったため、ブロ

記事を読む

book150814

弁理士が主人公の本「ぼくは愛を証明しようと思う。」を現役の弁理士が読んだ感想

ネットニュースでこの本のことを知り、なんと主人公が弁理士!ということで、早速購読しました。モ

記事を読む

02
コロプラを訴えた任天堂特許戦略の考察

  2018年も新年早々、知的財産関連のビックニュース

20170127tmd01
ピコ太郎さんも驚きの商標トラブル!エイベックス社が巻き込まれた状況を図解

  ピコ太郎さんの話題は2017年になってもまだまだ衰

20101606281_259b4e6f8c
社外弁理士に存在価値はあるのか?

先日(2016/5/16)の日経新聞に、「企業の枠越え 法実務

14561581102_472fb7425c (1)
コンサル重視に転換する製造業に期待すること

先日(2016/5/9)、「日立、営業2万人増員 コンサル重視

26443844932_c18ddab420
地域の知財活動に役立つサイトまとめ

日本では、特許庁が知的財産(以下、「知財」)の取りまとめをして

→もっと見る



  • 弁理士/監査役/ブロガー。中堅企業、中小・ベンチャー企業、スタートアップに適した知的財産活動を提案。 「地域発 ヒット商品のデザイン」でネーミングと商標登録のコラムを掲載。
PAGE TOP ↑