*

アップル「iWatch」は日本で商標登録できるのか?現状と考察(2014年5月末時点)

公開日: : 最終更新日:2014/11/15 商標事例研究, 商標戦略

Pocket

 

一時話題になったテーマについて以前まとめた復習(今までの経緯)と日本での状況を整理しました。

photo credit: zumtobel design via photopin cc 

スポンサードリンク

今までの経緯

会社が有名になると新商品のリリースを超極秘に進めるんでしょう。「iWatch」も世界中が注目しているため、うわさが先行しないようにしているのかもしれません。だから商品名や技術といった知的財産の保護活動も水面下で行いたかったわけです。 

しかし特許や商標を出願すると、その事実がオープンされます。その制度と運用はアメリカや韓国など先進国では共通しています。アップルの本音としては、この情報すら隠しておきたかったわけです。なぜなら知的財産を守るってことは、その商標をつかって商品販売する可能性が濃厚ってことを発表するようなものだからです。 

そこでアップルは「iWatch」を商標登録するために、まずジャマイカに出願しました。なぜなら誰よりも先に出願した日を確定したかったからです。さらにジャマイカは先進国のようにインターネットで出願情報を公開するシステムが充実していないため、情報公開を遅らせるのに都合がよかったわけです。 

<関連記事>

アップル「iWatch」、最新の動きを商標と特許の申請からいち早く探る方法

日本での状況

日本ではすんなり認められず(拒絶理由通知)・・・① 

無事に日本でも「iWatch」を出願できたものの、登録に待ったがかかりました。拒絶理由通知を受けたんです。詳しい拒絶理由の内容はわかりませんが、おそらく同じ商標が先に登録されているから認められないというものでしょう。 

アップルは「iWatch」を出願するときに、スマホ関連(第9類)と腕時計関連(第14類)のカテゴリーを指定しています。これは「iWatch」という商品がスマホにもなるし腕時計にもなるため、この商標を保護するならこれらのカテゴリーを指定する必要があったからです。 

そしてどうやら先に登録されていたiWatchにはスマホ関連(第9類)のカテゴリーを指定されていてかぶっているから商標登録が認められないと審査官が判断したと予想できます。 

トカゲのしっぽ作戦を実行(分割出願)・・・② 

複数のカテゴリーを指定した場合、そのうちの1つでも拒絶理由がかかってしまうと、出願自体がオジャンになります。そのためこの場合、最悪でも商標登録できそうな腕時計類(第14類)のカテゴリーを登録することを考えます。 

そこでよくやるのがトカゲのしっぽのように、商標登録できそうな方(拒絶理由がかかっていない方)と無理っぽい方(拒絶理由がかかっている方)を分割し、登録できそうな方を逃がして手続(分割出願)を進める作戦です。 

そして商標登録できそうな方は、あらためて審査がされます。この場合でもやっぱりジャマイカに出願した日にしたものと扱われるので、その間に腕時計関連(第14類)のカテゴリーについて同じ商標が登録されていなければ問題ないでしょう。 

商標登録が無理っぽくても戦いは挑める・・・③ 

問題は無理っぽい方(拒絶理由がかかっている方)です。アップルとしては「iWatch」にスマホ機能を持たせるだろうから、こちらのカテゴリーも保護しておきたいところです。そうじゃないとアップルが「iWatch」という商標を使うには、先にこのカテゴリーについて「iWatch」の商標登録をとった権利者に許可を得なければならないからです。 

そこでアップルは無理っぽい方でも商標登録できるよう、手続補正書と意見書を特許庁に提出し、スマホ関連(第9類)のカテゴリーのみにしたからあらためて審査してほしいとお願いしています。 

これでアップルの意見が認められれば無事にスマホ関連(第9類)でも商標登録が認められますが、ダメだった場合(拒絶査定の場合)はさらに商標登録にリトライする制度を利用する可能性もあります(拒絶査定不服審判制度)。 

 

現状は以上です。引き続きウォッチしたいと思います。

2014年5月30日

著者 ゆうすけ

↓↓↓このブログが気になった方はこちらもどうぞ!↓↓↓

このブログの中の人って誰?

 光栄です!コラム書かせていただきました。 

Pocket



関連記事

23138252250_5c507023ca

ハッシュタグの商標戦略の考察

先日、「ハッシュタグも知的財産--商標登録する海外企業」という興味深い記事が公開されていまし

記事を読む

photo credit: life in sacramento : spell casting, california (2015) via photopin (license)

「必殺技」の商標戦略の考察

バンダイが「必殺技」を商標出願したというニュース(2016/3/15)が報じられました。ゲーム業

記事を読む

25236620725_4df53fb958

ジェネリック家電のコピーを防ぐ特許戦略

photo credit: blood test via photopin (license)[/

記事を読む

10644821775_e59fe9c1f0

ゆるキャラブームと商標登録の傾向と対策

「ゆるキャラ®」の生みの親であるみうらじゅんさんの著書「「ない仕事」の作り方」を読みました。

記事を読む

8857900520_9ce576c6af

アップルに学ぶ商品価値を伝える空間の考え方

どんなにいい商品だとしても、その価値が伝わらなければ売れません。商品の価値があるかないかは最

記事を読む

02
コロプラを訴えた任天堂特許戦略の考察

  2018年も新年早々、知的財産関連のビックニュース

20170127tmd01
ピコ太郎さんも驚きの商標トラブル!エイベックス社が巻き込まれた状況を図解

  ピコ太郎さんの話題は2017年になってもまだまだ衰

20101606281_259b4e6f8c
社外弁理士に存在価値はあるのか?

先日(2016/5/16)の日経新聞に、「企業の枠越え 法実務

14561581102_472fb7425c (1)
コンサル重視に転換する製造業に期待すること

先日(2016/5/9)、「日立、営業2万人増員 コンサル重視

26443844932_c18ddab420
地域の知財活動に役立つサイトまとめ

日本では、特許庁が知的財産(以下、「知財」)の取りまとめをして

→もっと見る



  • 弁理士/監査役/ブロガー。中堅企業、中小・ベンチャー企業、スタートアップに適した知的財産活動を提案。 「地域発 ヒット商品のデザイン」でネーミングと商標登録のコラムを掲載。
PAGE TOP ↑