*

アップル「iWatch」の行方は?世界中が騒ぐ商標登録の狙いを徹底分析!

公開日: : 最終更新日:2014/11/15 商標事例研究, 商標戦略 ,

Pocket

photo credit: afagen via photopin cc

過熱するアップルのiWatch騒動。商標登録を申請していたことが各国で発覚したため、製品リリースが近いのでは!?というウワサが先走っています。

そこでアップルがどのように商標登録を進めているのか?その狙いを含めて分析しました。

スポンサードリンク

・ジャマイカに先回り申請して時間を稼いだ


引用:MacRumors

MacRumorsのレポートによれば、ロシアの商標登録の申請書が公開されています。その真ん中あたりに、「03.12.2012」と「JM」と記載されています。「JM」はジャマイカの国コードです。

このことからアップルは、先立って2012年12月3日にジャマイカに商標登録を申請したと考えられます。

これはなぜかというと、一番先に「iWatch」の商標登録を申請した事実が欲しかったからだと思います。しかも誰にもばれないように

ジャマイカには商標登録の申請内容を公開する仕組みがまだ整っていないようです。したがって商標登録を申請した事実がオープンされるまで時間がかかります。

このためアップルがジャマイカに申請した狙いは、時間を稼ぎたかった、と考えるのが一番しっくりします。

・時間を稼いで他社を刺激しないようにした


おわかりのとおり、日本に商標登録の申請をすると、1か月以内にそのことが公開されてしまいます。発展している国の特許庁には、商標登録の申請内容をウェブで公開する仕組みがちゃんと整っているからです。

しかし2012年12月3日にジャマイカだけじゃなく、日本にも申請できたはずです。あえてそれをせず時間を稼いだ理由は、他社を刺激したくなかったからではないでしょうか。

商標登録を申請した事実を他社がつかめば、アップルに先をこされないよう製品開発を加速するなど対抗してくる予想できます。

ちなみにアップルは「iPad」の商標権を巡って中国企業と争った経験もあるので、商標登録をかなり重要視しているはずです。

・時間差で申請して商標登録する裏ワザの実態


日本で「iWatch」の申請したのは6月3日です。これはジャマイカに申請してからちょうど6か月目にあたります。

このためアップルは日本にも2012年12月3日に申請したとみなされるルールを利用したと推測できます(パリ条約による優先権)。おそらく他の国でも同じだと思います。

つまり時間稼ぎをして他社を刺激しないようにしつつ、他社に「iWatch」の商標登録を先取りされないようにしたわけです。

2013/7/25追記

やはりアップルはパリ条約による優先権制度を理由した可能性が高くなりました。

まとめ


商標登録の申請のタイミングは、その製品がいつリリースされるか判断する材料の一つです。

逆に、製品をリリースするタイミングにあわせて、商標登録すべきとも言えます。これは会社の規模に関わらず重要なポイントです。

<参考>

アップル「iWatch」、最新の動きを商標と特許の申請からいち早く探る方法

アップルの「iWatch」が日本にも上陸!?-商標登録の申請が発覚!

2013年7月3日

著書 ゆうすけ

Pocket



関連記事

23138252250_5c507023ca

ハッシュタグの商標戦略の考察

先日、「ハッシュタグも知的財産--商標登録する海外企業」という興味深い記事が公開されていまし

記事を読む

photo credit: life in sacramento : spell casting, california (2015) via photopin (license)

「必殺技」の商標戦略の考察

バンダイが「必殺技」を商標出願したというニュース(2016/3/15)が報じられました。ゲーム業

記事を読む

25236620725_4df53fb958

ジェネリック家電のコピーを防ぐ特許戦略

photo credit: blood test via photopin (license)[/

記事を読む

10644821775_e59fe9c1f0

ゆるキャラブームと商標登録の傾向と対策

「ゆるキャラ®」の生みの親であるみうらじゅんさんの著書「「ない仕事」の作り方」を読みました。

記事を読む

8857900520_9ce576c6af

アップルに学ぶ商品価値を伝える空間の考え方

どんなにいい商品だとしても、その価値が伝わらなければ売れません。商品の価値があるかないかは最

記事を読む

02
コロプラを訴えた任天堂特許戦略の考察

  2018年も新年早々、知的財産関連のビックニュース

20170127tmd01
ピコ太郎さんも驚きの商標トラブル!エイベックス社が巻き込まれた状況を図解

  ピコ太郎さんの話題は2017年になってもまだまだ衰

20101606281_259b4e6f8c
社外弁理士に存在価値はあるのか?

先日(2016/5/16)の日経新聞に、「企業の枠越え 法実務

14561581102_472fb7425c (1)
コンサル重視に転換する製造業に期待すること

先日(2016/5/9)、「日立、営業2万人増員 コンサル重視

26443844932_c18ddab420
地域の知財活動に役立つサイトまとめ

日本では、特許庁が知的財産(以下、「知財」)の取りまとめをして

→もっと見る



  • 弁理士/監査役/ブロガー。中堅企業、中小・ベンチャー企業、スタートアップに適した知的財産活動を提案。 「地域発 ヒット商品のデザイン」でネーミングと商標登録のコラムを掲載。
PAGE TOP ↑