*

新刊「地域発 ヒット商品のデザイン」(3月発売予定)でネーミングと商標登録のコラム書きます。

公開日: : 最終更新日:2014/11/15 商標トレンド

Pocket

ブログのおかげでいろいろなことが起きています。今回は3月発売予定の新刊にて、お土産のネーミングの考え方について、商標登録との関連も含めたコラムの作成を依頼されました。

書籍のタイトルは「地域発 ヒット商品のデザイン」(ピエブックス出版)。主にパッケージデザインをメインコンテンツにした参考書にもなる本です。ぼくも日本各地の物産や地域独自の活動に興味をもっていて、以前もお土産のネーミングについて記事を書いたことがあります。

スポンサードリンク

グラフィックデザインとパッケージデザインは別ジャンル

そこでピエブックスの担当の方にお会いして、今回のような内容でなぜ新刊を出すのか聞いてみました。すると、地域商品の話題がホットなわりに、パッケージデザインに関する本がなかったから、というコメントをいただきました。

デザインにもいろいろなジャンルがあることを先日のトークイベントで知りましたが、グラフィックデザインとパッケージデザインも別ジャンルだそうです。

たしかにグラフィックデザインといえばモチーフの造形や色のグラデーションが特徴的で、キャラのかわいらしさや商品内容のわかりやすさが特徴的なパッケージデザインとは異なります。

パッケージデザイナーがネーミングも提案

そしてパッケージで大切なのは商品名の表示です。パッと見て商品自体がわからないと他の商品の中に埋もれてしまいます。絵や写真のみで表現するのは限界があります。だから商品に合うネーミングが必要なのです。

パッケージのネーミングはデザイナーが提案するパターンが多いそうです。でもデザイナーにとってパッケージのデザインだけじゃなくネーミングも提案するのは大変です。パッケージが先か、ネーミングが先かもケースバイケースでしょう。

そういったときに今回の本のコラムを見てもらえれば、パッケージデザイナーさんのお役に立てるかなって考えています。内容としては、そもそもお土産のネーミングにどんな役割があるのかとか、地域ブランド品のネーミングのつけ方について書いています。

デザイナーにも商標登録の知識は必要

しかしネーミングを検討する上で、商標登録の知識は欠かせません。せっかくいいパッケージなのに、ネーミングを商標登録しなかったせいで売れ行きが左右されるリスクもあります。

本来であればパッケージデザインの依頼者が商標登録について注意し、ネーミングの決定後に申請を検討するとかすべきです。しかしぼくの経験上、商標登録の事情をちゃんと知っている人ってそう多くありません。そうなるとやはりデザイナーが商標登録の知識を最低限持っておくと、ネーミングの検討にも役立ちますし、依頼者にも喜ばれるでしょう。

そして商品が増えれば増えるほど商品名の登録数も増えるので、ますますケアが必要になってきます。そこでどんなネーミングなら商標登録できるかについて、実際の商標登録から分析した内容も書いています。

≪まとめ≫

今、日本各地で眠っている宝物のような商品が次々と目覚めつつあります。そのアイデアを輝かせるのがパッケージデザインの役目です。そしてぼくが地域に貢献できることの一つがネーミングと商標登録です。だから今回のコラムがパッケージデザイナーさんにとって有益な情報になれば本望です。 

地域発 ヒット商品のデザイン

2014年1月27日

著者 ゆうすけ

Pocket



関連記事

20170127tmd01

ピコ太郎さんも驚きの商標トラブル!エイベックス社が巻き込まれた状況を図解

  ピコ太郎さんの話題は2017年になってもまだまだ衰えるところを知りません。話題性

記事を読む

23138252250_5c507023ca

ハッシュタグの商標戦略の考察

先日、「ハッシュタグも知的財産--商標登録する海外企業」という興味深い記事が公開されていまし

記事を読む

photo credit: life in sacramento : spell casting, california (2015) via photopin (license)

「必殺技」の商標戦略の考察

バンダイが「必殺技」を商標出願したというニュース(2016/3/15)が報じられました。ゲーム業

記事を読む

10644821775_e59fe9c1f0

ゆるキャラブームと商標登録の傾向と対策

「ゆるキャラ®」の生みの親であるみうらじゅんさんの著書「「ない仕事」の作り方」を読みました。

記事を読む

5841979717_b25ea9c870

解散後の「SMAP」という商標の行方

SMAP解散へ!木村拓哉以外ジャニーズから独立  今朝(2016/1/13)はショッキ

記事を読む

02
コロプラを訴えた任天堂特許戦略の考察

  2018年も新年早々、知的財産関連のビックニュース

20170127tmd01
ピコ太郎さんも驚きの商標トラブル!エイベックス社が巻き込まれた状況を図解

  ピコ太郎さんの話題は2017年になってもまだまだ衰

20101606281_259b4e6f8c
社外弁理士に存在価値はあるのか?

先日(2016/5/16)の日経新聞に、「企業の枠越え 法実務

14561581102_472fb7425c (1)
コンサル重視に転換する製造業に期待すること

先日(2016/5/9)、「日立、営業2万人増員 コンサル重視

26443844932_c18ddab420
地域の知財活動に役立つサイトまとめ

日本では、特許庁が知的財産(以下、「知財」)の取りまとめをして

→もっと見る



  • 弁理士/監査役/ブロガー。中堅企業、中小・ベンチャー企業、スタートアップに適した知的財産活動を提案。 「地域発 ヒット商品のデザイン」でネーミングと商標登録のコラムを掲載。
PAGE TOP ↑