*

秘密です!と容易に認識できるように管理するのが情報漏えい対策の第一歩

公開日: : 最終更新日:2015/02/17 特許, 特許トレンド

Pocket

弁理士会が主催する営業秘密の活用セミナーに 行ってきました。営業秘密の意味ってやっぱり勘違いされやすく、中小企業にとっては会社の重要情報をどう管理すべきか悩ましいようです。

photo credit: Top Secret via photopin (license)

スポンサードリンク

情報漏えい対策はデキることからはじめよう!

でも、「営業秘密」という言葉や定義にこだわると、かえってややこしくなって管理の仕方がわからなくなります。まずはシンプルに考えて、できることからはじめるのが大事です。

たとえば、メールやFAXの送付状の署名や備考に、「機密情報が含まれている場合があるため取り扱いには注意する」や「関係者以外への開示は原則禁止すること」と記載するとか。

こうすることで、会社の重要情報をちゃんと秘密に管理しているということが、客観的に第三者へ伝わります。しかも、第三者が容易に認識できるように!

さらに、不正競争防止法上の営業秘密の規定が改正される方向で動いています。簡単に言うと、秘密として管理している意思が容易に認識できる状態(認識可能性)であれば、法的な営業秘密と認められるようになるかもしれません(以下、指針改定案) 

<引用:経済産業省 資料5 営業秘密管理指針改訂のイメージ(営業秘密の範囲明確化) 最終更新日:2014/11/6>

≪まとめ≫

もちろん、データをパスワード管理するとか紙ファイルを施錠付ロッカーに入れるとか、物理的な対策も大事です。でも、最初から背伸びするのではなく、日々の積み重ねによって会社に情報管理の文化を根付かせるほうが、将来的にも安心です。

2015年2月16日

著者 ゆうすけ

Pocket



関連記事

02

コロプラを訴えた任天堂特許戦略の考察

  2018年も新年早々、知的財産関連のビックニュースが飛び込んできました。ご存知、

記事を読む

14561581102_472fb7425c (1)

コンサル重視に転換する製造業に期待すること

先日(2016/5/9)、「日立、営業2万人増員 コンサル重視へ転換」という記事が日経新聞に

記事を読む

26443844932_c18ddab420

地域の知財活動に役立つサイトまとめ

日本では、特許庁が知的財産(以下、「知財」)の取りまとめをしていますが、特許庁は経済産業省の

記事を読む

inf160417

熊本地震で影響を受けた手続の救済措置

©特許庁※画像にリンクあり[/caption] 2016年4月14日から発生している熊本地方

記事を読む

4201580931_07bf5403d6

プロダクトデザインを意匠と特許で守る訳

プロダクトデザインの保護といえば意匠、というのは皆さんご存知かと思いますが、特許でも保護でき

記事を読む

02
コロプラを訴えた任天堂特許戦略の考察

  2018年も新年早々、知的財産関連のビックニュース

20170127tmd01
ピコ太郎さんも驚きの商標トラブル!エイベックス社が巻き込まれた状況を図解

  ピコ太郎さんの話題は2017年になってもまだまだ衰

20101606281_259b4e6f8c
社外弁理士に存在価値はあるのか?

先日(2016/5/16)の日経新聞に、「企業の枠越え 法実務

14561581102_472fb7425c (1)
コンサル重視に転換する製造業に期待すること

先日(2016/5/9)、「日立、営業2万人増員 コンサル重視

26443844932_c18ddab420
地域の知財活動に役立つサイトまとめ

日本では、特許庁が知的財産(以下、「知財」)の取りまとめをして

→もっと見る



  • 弁理士/監査役/ブロガー。中堅企業、中小・ベンチャー企業、スタートアップに適した知的財産活動を提案。 「地域発 ヒット商品のデザイン」でネーミングと商標登録のコラムを掲載。
PAGE TOP ↑