*

自作プログラムを著作権で守るのは簡単じゃないから期待しすぎないほうがいい

公開日: : 著作権

Pocket

ITスタートアップにおいてアプリケーションやソフトウェアのプログラムは重要な資源になります。理想的なExit(出口)を目指すならライバルの追随や模倣対策はしておきたいところです 

プログラムは著作物なので、著作権があるといえばあります。しかしそれだけでは十分な対策とはいえません。そこで事例を踏まえて、自作プログラムを守るのに著作権だけでは不十分な理由についてお伝えします。

photo credit: opensourceway via photopin cc

ゴー・コンピュータの失墜からの学び

ゴー・コンピュータ独自の携帯ペン式コンピュータを開発したため、他の企業を巻き込んで拡大することを試みました。そこでマイクロソフトと交渉し、秘密保持契約を交わして支援を受けようとしました。 

ところが最終的にはマイクロソフトのサポートを得られないどころか、マイクロソフト独自で競合製品(ペン・ウィンドウズ)の開発に踏み出される始末。にもかかわらず、ゴー・コンピュータは法的手段で対向することができませんでした。 

・・・著作権によるソフトウェアの保護は製品で使用されている実際のコード自身の保護に限定されており、全体的な概念やアルゴリズムには保護は及ばない。マイクロソフトは、ゴー・コンピュータが所有しているコードを製品では使用していないと考えられる。ゆえに、法的には侵害行為は発生していなかったであろう。(ヘンリー・チェスブロウ著 「オープンビジネスモデル 」p46) 

たしかにプログラムは著作権で守られています。しかし自作プログラムをパクられたとき、それは著作権侵害だ!と主張するには、ざっくりいうと以下の3つの立証が必要です。 

  • 自作プログラムにそもそも著作性があるか?プログラマーなら誰もでも知っているコードやサブルーチンには著作性なし)
  • 自作プログラムのうち、著作性がある部分が他社プログラムに組み込まれているか?(出力が同じでもコードが書き換えられていると厳しい)
  • 他社プログラムが自作プログラムを参考にしたといえるか(参考にしてないと言い切られたら著作権侵害ではなくなる) 

つまりプログラムを守るのに著作権という武器は心細いということです。著作権はプログラムを作成した時点で誰もが持てる権利です。しかし著作権という武器を振りかざすには、これらの条件をクリアしなければならず、クリアできなければ単なる自作プログラムに過ぎないということです。 

≪まとめ≫

プログラムの著作権侵害で勝てるパターンって、例えばソースコードを使用許諾の契約を切ったにも関わらずに勝手に使われたとか、外注先からソースコードの著作権の譲渡を受けたにも関わらず外注先が同じソースコードを他社に提供したとかじゃないかなって思います。ようは上の3つの要件を明らかにクリアしている場合でないと勝つのは厳しいかもしれません。

2014年6月4日

著者 ゆうすけ

↓↓↓このブログが気になった方はこちらもどうぞ!↓↓↓

このブログの中の人って誰?

 光栄です!コラム書かせていただきました。 

Pocket



関連記事

26443844932_c18ddab420

地域の知財活動に役立つサイトまとめ

日本では、特許庁が知的財産(以下、「知財」)の取りまとめをしていますが、特許庁は経済産業省の

記事を読む

16026547808_cb12b61be9

【2015年まとめ】知的財産記事おすすめ28選!1年を振り返って思うこと

2015年も残すところあとわずかとなりました。 自分としては、年末にその1年を振り返る

記事を読む

14225546002_a52e577fd3

小売業のブランド戦略を後押しする知的財産活動事例

小売業といえば、スーパー、コンビニ、量販店、ドラッグストア、ネットショップなど主に商品を販売

記事を読む

4374886726_f64eb4d86d

五輪エンブレム騒動に学ぶ見た目のオリジナル性の考え方

新五輪(オリンピック)エンブレム再募集の応募時期(2015年11月24日~)が迫ってきました。今

記事を読む

7983534479_e6419d9dcf

中小企業が新たな価値を生むには?知的財産活動はモノづくりプロデュースのカギ

『ハゲタカ』シリーズの最新作『スパイラル』を背景に、著者の真山氏が語る日本の中小企業の実態や

記事を読む

02
コロプラを訴えた任天堂特許戦略の考察

  2018年も新年早々、知的財産関連のビックニュース

20170127tmd01
ピコ太郎さんも驚きの商標トラブル!エイベックス社が巻き込まれた状況を図解

  ピコ太郎さんの話題は2017年になってもまだまだ衰

20101606281_259b4e6f8c
社外弁理士に存在価値はあるのか?

先日(2016/5/16)の日経新聞に、「企業の枠越え 法実務

14561581102_472fb7425c (1)
コンサル重視に転換する製造業に期待すること

先日(2016/5/9)、「日立、営業2万人増員 コンサル重視

26443844932_c18ddab420
地域の知財活動に役立つサイトまとめ

日本では、特許庁が知的財産(以下、「知財」)の取りまとめをして

→もっと見る



  • 弁理士/監査役/ブロガー。中堅企業、中小・ベンチャー企業、スタートアップに適した知的財産活動を提案。 「地域発 ヒット商品のデザイン」でネーミングと商標登録のコラムを掲載。
PAGE TOP ↑