*

ジェネリック家具に学ぶ権利切れのデザインを再利用するイノベーション

公開日: : 最終更新日:2015/03/08 意匠

Pocket

最近、ジェネリック医薬品につづき、「ジェネリック家具」 というものが流行っています。

photo credit: Rest break via photopin (license)

スポンサードリンク

ジェネリック家具のカラクリ

主に有名デザイナーが制作した家具の意匠権が切れたものを安く製造し、販売しているもの。特許庁によると、日本では意匠権の保護期間は20年。これを過ぎると、誰でも同じデザインのものを製造できるようになる。

<引用:2015/3/7 「巨匠のソファ、価格5分の1 「特許切れ」家具の魅力」by 日経電子版>

家具のデザインは意匠登録の対象です。意匠とはデザインのこと。つまり意匠登録すれば、デザインを独占し、勝手に真似されないよう守ることができるようになります。

でも商標登録と違い、意匠登録は有効期限を延長することができません。そのため権利が切れてれば、勝手に同じデザインの家具を真似して作っても法律上はいいんです。

模倣はイノベーション

ユーザーにとっては安い価格で憧れのデザイン品を購入できる点で、ジェネリック家具の文化はある意味イノベーションではないでしょうか。

コピーキャットについて書評を書きましたが、真似ることが決して悪ではありません。他人の意匠権を無視して勝手に真似する行為(侵害行為)が悪なんです。

デザインだって全くゼロから生み出すなんてことはないはずです。同業種のみならず、異業種からも活かせるヒントを探してきて、真似てみる価値はきっとあります。 

権利切れかどうか確認する

そこで、これはいいデザインだ!と思ったら、まずは意匠登録の調査を行い、意匠登録されているかどうか?権利切れかどうか?いつ切れるか?を確認すべきです。

権利切れにもいろいろあって、維持費を支払い忘れて切れちゃったとか、もういらなくなったから権利を放棄したとか、全てが20年も意匠登録を維持するとは限りません。

たとえ意匠登録の権利が切れていないとしても、デザインを変更すれば意匠登録の範囲から外れるし、そのデザインをオリジナルとして意匠登録することもできます。

≪まとめ≫

特許庁の意匠登録データベースは無償公開されているので、情報収集には使えるはずです。ジェネリック家具のように権利切れのデザインを探してオリジナル品を開発するヒントが眠っているかもしれません。

2015年3月7日

著者 ゆうすけ

Pocket



関連記事

26443844932_c18ddab420

地域の知財活動に役立つサイトまとめ

日本では、特許庁が知的財産(以下、「知財」)の取りまとめをしていますが、特許庁は経済産業省の

記事を読む

4201580931_07bf5403d6

プロダクトデザインを意匠と特許で守る訳

プロダクトデザインの保護といえば意匠、というのは皆さんご存知かと思いますが、特許でも保護でき

記事を読む

24396358612_993aba70b9

当たり前のデザインが意匠登録される理由

モノづくりでもデザインの重要性は近年注目されています。商品の機能より世界観をいかにデザインで

記事を読む

25236620725_4df53fb958

ジェネリック家電のコピーを防ぐ特許戦略

photo credit: blood test via photopin (license)[/

記事を読む

5734800480_30a36c6198

2016年に注目の3つの知的財産の話題

明けましておめでとうございます。2016年もいよいよ幕開けしました。今年も知的財産のネタをわ

記事を読む

02
コロプラを訴えた任天堂特許戦略の考察

  2018年も新年早々、知的財産関連のビックニュース

20170127tmd01
ピコ太郎さんも驚きの商標トラブル!エイベックス社が巻き込まれた状況を図解

  ピコ太郎さんの話題は2017年になってもまだまだ衰

20101606281_259b4e6f8c
社外弁理士に存在価値はあるのか?

先日(2016/5/16)の日経新聞に、「企業の枠越え 法実務

14561581102_472fb7425c (1)
コンサル重視に転換する製造業に期待すること

先日(2016/5/9)、「日立、営業2万人増員 コンサル重視

26443844932_c18ddab420
地域の知財活動に役立つサイトまとめ

日本では、特許庁が知的財産(以下、「知財」)の取りまとめをして

→もっと見る



  • 弁理士/監査役/ブロガー。中堅企業、中小・ベンチャー企業、スタートアップに適した知的財産活動を提案。 「地域発 ヒット商品のデザイン」でネーミングと商標登録のコラムを掲載。
PAGE TOP ↑