*

自社製品がない中小企業の製造業がやっておくといい知的資産経営の順番とは?

Pocket

ハードウェアスタートアップの場合、モノの形状(デザイン)や構造がばれやすいので、特許や意匠登録で守る知的財産戦略から取り組むんだほうがいいことを紹介しました。

スタートアップでなくても、売るもの(商品)があって、それについて特許がとれそうなら知的財産戦略は考えるべきです。では、売るもの、つまり自社製品がない中小企業の製造業はどうでしょうか?

photo credit: avramc via photopin cc

スポンサードリンク

ナレッジマネジメントでノウハウを共有する

自社製品がない製造業とは、大手メーカーやその関連会社からの注文を受けて製品を生産したり加工したり検査したりする業態があてはまります。いわゆる下請けですね。

このような会社の場合、やはり脱・下請を狙うなら、自社製品を開発して売り出すか、オリジナルの製法や加工法をウリにして一社に依存せず複数の会社から注文を受けられないと厳しいんじゃないでしょうか。

一方、自社製品がないとはいえ、長年培った製造や加工のノウハウはあるはずです。製造装置のチューニング、加工機のメンテナンス、検査治具の修理など、大手メーカーにはない知的資産が。

でも老舗の会社ほど、職人さんに依存している場合が多いです。もちろん職人技が必要な仕事もあるでしょう。だけどその回数はどれくらいでしょうか?年に1~2回依頼される超イレギュラーな仕事以外で職人技が必要な仕事って、そう多くはないんじゃないでしょうか。

だから職人さんじゃなくてもできる仕事のノウハウは、文章や図にして若い人たちにも共有できるようにしておいたほうが、稼働率もあがって利益向上につながるはずです。

またノウハウを共有する文化ができれば、従業員のコミュニケーションの数も増えるため、新たなアイデアが生まれやすくなり、さらにそのアイデアをブラッシュアップする文化が芽生えるかもしれません。

≪まとめ≫

自社製品又は自社オリジナルの製法や加工法を生み出すことをゴールにするなら、まずは従業員同士の知識と経験を共有し、会社に知的資産がどれくらいあるのか?どのように活用できるのか?を検討するところからはじめてはいかがでしょうか。ナレッジマネジメントとはいっても、大切なのはフェイストゥフェイスのコミュニケーションでしょう。

2015年1月19日

著者 ゆうすけ

Pocket



関連記事

02

コロプラを訴えた任天堂特許戦略の考察

  2018年も新年早々、知的財産関連のビックニュースが飛び込んできました。ご存知、

記事を読む

14561581102_472fb7425c (1)

コンサル重視に転換する製造業に期待すること

先日(2016/5/9)、「日立、営業2万人増員 コンサル重視へ転換」という記事が日経新聞に

記事を読む

26443844932_c18ddab420

地域の知財活動に役立つサイトまとめ

日本では、特許庁が知的財産(以下、「知財」)の取りまとめをしていますが、特許庁は経済産業省の

記事を読む

inf160417

熊本地震で影響を受けた手続の救済措置

©特許庁※画像にリンクあり[/caption] 2016年4月14日から発生している熊本地方

記事を読む

4201580931_07bf5403d6

プロダクトデザインを意匠と特許で守る訳

プロダクトデザインの保護といえば意匠、というのは皆さんご存知かと思いますが、特許でも保護でき

記事を読む

02
コロプラを訴えた任天堂特許戦略の考察

  2018年も新年早々、知的財産関連のビックニュース

20170127tmd01
ピコ太郎さんも驚きの商標トラブル!エイベックス社が巻き込まれた状況を図解

  ピコ太郎さんの話題は2017年になってもまだまだ衰

20101606281_259b4e6f8c
社外弁理士に存在価値はあるのか?

先日(2016/5/16)の日経新聞に、「企業の枠越え 法実務

14561581102_472fb7425c (1)
コンサル重視に転換する製造業に期待すること

先日(2016/5/9)、「日立、営業2万人増員 コンサル重視

26443844932_c18ddab420
地域の知財活動に役立つサイトまとめ

日本では、特許庁が知的財産(以下、「知財」)の取りまとめをして

→もっと見る



  • 弁理士/監査役/ブロガー。中堅企業、中小・ベンチャー企業、スタートアップに適した知的財産活動を提案。 「地域発 ヒット商品のデザイン」でネーミングと商標登録のコラムを掲載。
PAGE TOP ↑