*

ビートたけしさんも語る特許の重要性!これからの日本のあるべき姿とは?

公開日: : 最終更新日:2014/12/16 特許, 特許トレンド

Pocket

お笑いの巨匠ビートたけしんさんが、青色LEDでノーベル化学賞を受賞した日本人の方々に対してテレビでコメントした際に、これから日本は「特許で食う国」にしたほうがいいんじゃない?的なコメントがありました 。

photo credit: Nanagyei via photopin cc

スポンサードリンク

特許で食える国づくり

さらに「何か日本はね、工業製品がないんで加工したり発明する事が日本のスゴさだから。やっぱり生産の研究者をいっぱい作った方がいいよね。その特許で食うみたいな国でさ、資源じゃ食えないんだから。それで自然を大切ににして、ゆったりと森の中でみんなで暮らせるのが良い。何も人を増やす必要はないんだから」と日本の行く末を示した。

<引用:2015/12/15 リアルライブ「ビートたけし 日本の未来像「特許で食う国」を目指すべき」>

実際、特許だけで食べていくのは、簡単ではありません。特許1つ持ってても、それをさける(迂回する)技術が開発されたらおしまいなので。だから避けられないような広い権利を、できればたくさん持っていたいところです。

またそもそも特許って、ほしい人がいないと売れませんし、その価値かバラバラです。砂漠では宝石より水のほうが需要があるのと同じです。この値段で売ります買いますのマッチングが必要。

だからそれらを考えながら、でもスピードは落とさずに特許を取っていくことが、今後の技術開発で大切になってきます。この考え方はずっと前から言われているものの、コストとのバランスでなかなか普及には至っていません。

だからぼくら特許の専門家がもっとその意義やメリットを語っていかないといけないんじゃないかと思っています。そして単ある評論ではなく、具体的なメソッドとして提供していく必要があるとも考えています。

その循環ができれば、たけしさんの言う「特許で食う国」に少しは近づくんじゃないかと考えています。物品を量産するんじゃなく、価値ある特許を量産する仕組み化が実現するかもしれません。

≪まとめ≫

資源のない日本では、特許のみならず、コンテンツやエンターテインメント産業に関する著作権などの知的財産による海外での稼ぎ(知財収支)が2013年度ではじめて1兆円を超えています。円安の影響などありますが、この額を増やすことが、日本のあるべき姿に近づける目安かもしれません。

2014年12月15日

著者 ゆうすけ

Pocket



関連記事

02

コロプラを訴えた任天堂特許戦略の考察

  2018年も新年早々、知的財産関連のビックニュースが飛び込んできました。ご存知、

記事を読む

14561581102_472fb7425c (1)

コンサル重視に転換する製造業に期待すること

先日(2016/5/9)、「日立、営業2万人増員 コンサル重視へ転換」という記事が日経新聞に

記事を読む

26443844932_c18ddab420

地域の知財活動に役立つサイトまとめ

日本では、特許庁が知的財産(以下、「知財」)の取りまとめをしていますが、特許庁は経済産業省の

記事を読む

inf160417

熊本地震で影響を受けた手続の救済措置

©特許庁※画像にリンクあり[/caption] 2016年4月14日から発生している熊本地方

記事を読む

4201580931_07bf5403d6

プロダクトデザインを意匠と特許で守る訳

プロダクトデザインの保護といえば意匠、というのは皆さんご存知かと思いますが、特許でも保護でき

記事を読む

02
コロプラを訴えた任天堂特許戦略の考察

  2018年も新年早々、知的財産関連のビックニュース

20170127tmd01
ピコ太郎さんも驚きの商標トラブル!エイベックス社が巻き込まれた状況を図解

  ピコ太郎さんの話題は2017年になってもまだまだ衰

20101606281_259b4e6f8c
社外弁理士に存在価値はあるのか?

先日(2016/5/16)の日経新聞に、「企業の枠越え 法実務

14561581102_472fb7425c (1)
コンサル重視に転換する製造業に期待すること

先日(2016/5/9)、「日立、営業2万人増員 コンサル重視

26443844932_c18ddab420
地域の知財活動に役立つサイトまとめ

日本では、特許庁が知的財産(以下、「知財」)の取りまとめをして

→もっと見る



  • 弁理士/監査役/ブロガー。中堅企業、中小・ベンチャー企業、スタートアップに適した知的財産活動を提案。 「地域発 ヒット商品のデザイン」でネーミングと商標登録のコラムを掲載。
PAGE TOP ↑