*

著作権のお悩み相談で最多は、写真の使用が他者の著作権侵害にならないか?

公開日: : 最終更新日:2014/08/21 著作権

Pocket

著作権は知的財産権の中でも特にグレーな世界が多く、判例だけじゃ間に合わないくらいケースが多彩です。そのためいろんな相談をされることがあります。

でも特に写真の著作物の取り扱いについて一番聞かれるな~と思っていたところ、やっぱり!と思えるデータが公開されました。

photo credit: Horia Varlan via photopin cc

スポンサードリンク

その写真、著作権侵害ですか!?

これは、平成24年7~8月にアンケート実施し、回答弁理士数63名(特許事務所系39名、企業系19名、産学連携系5名)による結果です。 

<相談を受けた分野>※複数回答可
・文章・・・26件
・写真・・・36件
・絵画などの美術・・・13件
・建築物・・・8件
・音楽・・・19件
・コンピュータ・プログラム・・・24件
・アニメ・ゲーム・キャラクター・・・20件
・ホームページ・ブログ・・・17件
・その他・・・12件

<相談を受けた内容>※複数回答可
・相手方の行為(他者の行為が著作権侵害になるのではないか)・・・23件
・自らの行為の確認(他者の著作権侵害にならないか)・・・47件
・契約や公募条件の作成・・・29件
・著作権登録(文化庁及びSOFTIC)・・・12件
・その他・・・17件

<引用:パテント2014 Vol.67 No.9 「著作権実務Q&A」作成と各支部における研修会の報告 p8>

ビジネス上、ビジュアルによる訴求効果ってかなり高いはずです。文章ばっかりより図表のほうが見やすい。さらに写真を入れると、視聴者が勝手に想像してくれるので、使いようによってはマーケティング効果バツグンでしょう。

しかしその写真の著作権をちゃーんと理解した上で使っている人ってどれくらいいるのでしょうか。おそらく買い取ったから大丈夫でしょ!とか、フリー写真だからなんでもOK!なんて思っている人が多いんじゃないかと思うんです。

ところがやっかいなことに、それらの写真の取り扱いは、著作権者によってルールが違うわけです。たとえば有料無料問わず、ダウンロードした写真はそのサイトの管理者が著作権を持っていると想像できます。特にフリー写真の場合、サイト管理者としては写真の利用ユーザーを増やすためにフリー」という言葉を使ってお得感を出したりもしてるでしょう。

しかしサイト管理者は、写真の使用料で収益をあげ、一方で、自分が著作権のトラブルに巻き込まれないよう、ルールを二重三重に設定することがあります。だからフリー写真の利用には注意が必要なんです。軽く考えるとトラブルに発展する危険性もあります。

≪まとめ≫

著作権は生活に密着しているため、考えすぎたらきりがありません。だから常識の範囲でモノゴトを考えれば、著作権侵害で訴えられるリスクはだいぶ減るはずなんで、なるべく意識しておくことをオススメします。

2014年8月20日

著者 ゆうすけ

Pocket



関連記事

26443844932_c18ddab420

地域の知財活動に役立つサイトまとめ

日本では、特許庁が知的財産(以下、「知財」)の取りまとめをしていますが、特許庁は経済産業省の

記事を読む

16026547808_cb12b61be9

【2015年まとめ】知的財産記事おすすめ28選!1年を振り返って思うこと

2015年も残すところあとわずかとなりました。 自分としては、年末にその1年を振り返る

記事を読む

14225546002_a52e577fd3

小売業のブランド戦略を後押しする知的財産活動事例

小売業といえば、スーパー、コンビニ、量販店、ドラッグストア、ネットショップなど主に商品を販売

記事を読む

4374886726_f64eb4d86d

五輪エンブレム騒動に学ぶ見た目のオリジナル性の考え方

新五輪(オリンピック)エンブレム再募集の応募時期(2015年11月24日~)が迫ってきました。今

記事を読む

7983534479_e6419d9dcf

中小企業が新たな価値を生むには?知的財産活動はモノづくりプロデュースのカギ

『ハゲタカ』シリーズの最新作『スパイラル』を背景に、著者の真山氏が語る日本の中小企業の実態や

記事を読む

02
コロプラを訴えた任天堂特許戦略の考察

  2018年も新年早々、知的財産関連のビックニュース

20170127tmd01
ピコ太郎さんも驚きの商標トラブル!エイベックス社が巻き込まれた状況を図解

  ピコ太郎さんの話題は2017年になってもまだまだ衰

20101606281_259b4e6f8c
社外弁理士に存在価値はあるのか?

先日(2016/5/16)の日経新聞に、「企業の枠越え 法実務

14561581102_472fb7425c (1)
コンサル重視に転換する製造業に期待すること

先日(2016/5/9)、「日立、営業2万人増員 コンサル重視

26443844932_c18ddab420
地域の知財活動に役立つサイトまとめ

日本では、特許庁が知的財産(以下、「知財」)の取りまとめをして

→もっと見る



  • 弁理士/監査役/ブロガー。中堅企業、中小・ベンチャー企業、スタートアップに適した知的財産活動を提案。 「地域発 ヒット商品のデザイン」でネーミングと商標登録のコラムを掲載。
PAGE TOP ↑