*

後手後手の老舗企業が海外でブランド名がパクられてるのを知る3つのパターン

公開日: : 最終更新日:2014/11/15 商標トレンド, 商標事例研究, 商標戦略

Pocket

日本の老舗企業のブランド名がパクられてる被害が増えています。しかもただパクられるだけではなく、その国で先に商標登録してしまうというとんでもないことをしてくれるわけです。ところが意外にこの事実が知らておらず、後手に回っている老舗企業が多いようです。

そこで後手後手の老舗企業が海外でブランド名がパクられてるのを知る3つのパターンをまとめました。

photo credit: Pulpolux !!! via photopin cc

スポンサードリンク
 

1.取引先からの連絡

宇治茶製造販売の丸久小山園(京都府宇治市小倉町)は2月、台湾の得意先から連絡を受けた。担当者が急いで台湾の知的財産局の商標データベースを検索すると、◯に「久」と書く会社ロゴそのものが登録申請されていた。(引用:2014/6/9 京都新聞 「「先制出願」最大の予防 宇治茶の老舗3社、商標無断申請問題」)

現地法人や営業拠点を持っていないとなかなか知る切っ掛けがないかもしれません。しかも丸久小山園の場合、台湾への輸出実績がな言いにもかかわらず、過去にデパートで行われた物産展に宇治茶が販売されていただけでパクられてしまったようです。

2.ユーザーからのクレーム

台湾に進出していないにもかかわらず、2007年ごろから「味が違ってまずい」などの苦情が、現地の日本人駐在員や日本に留学経験のある台湾人らから相次ぎ、発覚のきっかけになった。(引用:2013/3/19 日経新聞 「「まずい」で発覚 台湾に有名ラーメン店の模倣店 」)

これは「神座(かむくら)」の例です。つい先日、台湾で先取り登録されたロゴ商標「神座」無効にする主張が認められなかったと報じられました。台湾で商標登録された時期に「神座」が有名ではなかったという台湾特許庁の判断のようです。 

3.先取りした商標権者からの警告

06年ごろ、台湾で「讃岐うどん」看板を掲げて商売をしていた日本人男性が、台湾企業から商号使用中止に関する内容証明を受けたのが発端だ。この台湾企業は1999年、「讃岐」「さぬき」「サヌキ」「SANUKI」などの各種表記で自国で商標登録を終えた状態だった。日本伝統商品を台湾人が先に商標登録をし、日本人が現地で使用できなくなったのだ。(引用:2011/7/12 中央日報 「日本固有のブランドを勝手に商標登録する中国、立ち向かう日本」)

これはまさに寝耳に水ってやつでしょう。日本では普通に使われている言葉でも、言語の違いにより外国では商標として成立してしまいます。しかも海外では、漢字,ひらがな,カタカナ,アルファベットなど、母国の文字形態でない商標はロゴや図形として扱われるため、けっこう簡単に商標登録されてしまうようです。

≪まとめ≫

海外で商標登録が先取られているととりかえすのが大変です。タオルでおなじみの「今治」も、中国での先取り商標を無効にする戦いが継続中です。後手後手にならないよう、とにかくまずは海外で商標登録されていないかチェックするのをおすすめします。

2014年6月9日

著者 ゆうすけ

↓↓↓このブログが気になった方はこちらもどうぞ!↓↓↓

このブログの中の人って誰?

 光栄です!コラム書かせていただきました。 

Pocket



関連記事

20170127tmd01

ピコ太郎さんも驚きの商標トラブル!エイベックス社が巻き込まれた状況を図解

  ピコ太郎さんの話題は2017年になってもまだまだ衰えるところを知りません。話題性

記事を読む

23138252250_5c507023ca

ハッシュタグの商標戦略の考察

先日、「ハッシュタグも知的財産--商標登録する海外企業」という興味深い記事が公開されていまし

記事を読む

photo credit: life in sacramento : spell casting, california (2015) via photopin (license)

「必殺技」の商標戦略の考察

バンダイが「必殺技」を商標出願したというニュース(2016/3/15)が報じられました。ゲーム業

記事を読む

25236620725_4df53fb958

ジェネリック家電のコピーを防ぐ特許戦略

photo credit: blood test via photopin (license)[/

記事を読む

10644821775_e59fe9c1f0

ゆるキャラブームと商標登録の傾向と対策

「ゆるキャラ®」の生みの親であるみうらじゅんさんの著書「「ない仕事」の作り方」を読みました。

記事を読む

02
コロプラを訴えた任天堂特許戦略の考察

  2018年も新年早々、知的財産関連のビックニュース

20170127tmd01
ピコ太郎さんも驚きの商標トラブル!エイベックス社が巻き込まれた状況を図解

  ピコ太郎さんの話題は2017年になってもまだまだ衰

20101606281_259b4e6f8c
社外弁理士に存在価値はあるのか?

先日(2016/5/16)の日経新聞に、「企業の枠越え 法実務

14561581102_472fb7425c (1)
コンサル重視に転換する製造業に期待すること

先日(2016/5/9)、「日立、営業2万人増員 コンサル重視

26443844932_c18ddab420
地域の知財活動に役立つサイトまとめ

日本では、特許庁が知的財産(以下、「知財」)の取りまとめをして

→もっと見る



  • 弁理士/監査役/ブロガー。中堅企業、中小・ベンチャー企業、スタートアップに適した知的財産活動を提案。 「地域発 ヒット商品のデザイン」でネーミングと商標登録のコラムを掲載。
PAGE TOP ↑