*

特許の取得と活用は企画力がものを言う!技術畑の研究者だけでは厳しい><

公開日: : 特許, 特許戦略

Pocket

大企業の休眠特許の活用が話題になっていますが、新たな創作活動に伴う特許の取得も重要な国策です。 

でも、休眠特許をどう活用したらいいかも、意義ある特許をとるにはどうしたらいいかも、あまり語られていません。 

結論からいうと、どちらも企画力がものを言います。なぜなら、事業化するなら儲からないといけないわけで、そのためには企画がないと事業として成立しないからです。 

photo credit: KW Pilot and Patent Etui Cameras 1932 via photopin (license)

スポンサードリンク

特許の取得と活用は企画が大事 

売れる商品を作るという特許の出口戦略を文系力に求めた。図面通りにつくるのは得意だが、マーケティング力は乏しい中小企業の弱点を大学生の若くて斬新なアイデアで補おうというわけだ。

<引用:2015/06/23「【視点】大学の「文系力」生かす 開放特許活用で中小企業に商機 」> 

まず、特許をとるときに考えておくべきことは、そのアイデアが実現するとどんな良いこと(効果)があるかということ。 

iPS細胞のように今だかつてない効果がある大発明なら特許になりやすいけど、中小企業の場合はそうもいかないのが現実でしょう。 

そのため、そのアイデアを商品化したら、どんな人がどんなメリットを得てどうなるかを検討し、それらを効果として特許の書類に書いておきます。 

そうすると特許庁の審査官さんに、これは特許にしてもいいアイデアだ!と判断してもらいやすくなります。 

つまり、アイデアをいかに役立つか見せるという観点でいえば、マーケティングも特許も同じです。ようは、企画力がものを言うわけです。 

開放特許の活用によるビジネス創出に積極的な富士通の吾妻勝浩氏は「文系は商品アイデアを出すだけでなく、市場や販路などを調べて商品化後の出口も設計する。事業計画まで落とし込むこともある」と文系力を評価する。

<引用:2015/06/23「【視点】大学の「文系力」生かす 開放特許活用で中小企業に商機 」>  

企画力とは、商品の中身(コンテンツ)だけではなく、その原価や利益を見越した売価設定、製作、品質管理、物流、広告宣伝など、利益を得るための施策。 

ここまで語れる研究者はそういないんじゃないでしょうか。しかも世代によって発想も違うので、外部の人材の活用も必要かもしれません。 

大企業の特許は、どちらかというとおかたい内容(基本特許に近いもの)が多いため、それらを活用するには、やっぱり企画力が必要です。 

≪まとめ≫

休眠特許になる原因は、特許そのものの良し悪しではなく、企画の良し悪しで決まると言えるかもしれません。企画がないのに特許で儲けようというほうが無理な話です。逆に言うと、いい企画ならばそのアイデアそのものを特許で守る価値が十分あるわけです。 

2015年6月24日

著者 ゆうすけ

<関連> 平成 27 年度「地域中小企業知的財産支援力強化事業」の交付先が決定しました 

Pocket



関連記事

14561581102_472fb7425c (1)

コンサル重視に転換する製造業に期待すること

先日(2016/5/9)、「日立、営業2万人増員 コンサル重視へ転換」という記事が日経新聞に

記事を読む

26443844932_c18ddab420

地域の知財活動に役立つサイトまとめ

日本では、特許庁が知的財産(以下、「知財」)の取りまとめをしていますが、特許庁は経済産業省の

記事を読む

inf160417

熊本地震で影響を受けた手続の救済措置

©特許庁※画像にリンクあり[/caption] 2016年4月14日から発生している熊本地方

記事を読む

4201580931_07bf5403d6

プロダクトデザインを意匠と特許で守る訳

プロダクトデザインの保護といえば意匠、というのは皆さんご存知かと思いますが、特許でも保護でき

記事を読む

25236620725_4df53fb958

ジェネリック家電のコピーを防ぐ特許戦略

photo credit: blood test via photopin (license)[/

記事を読む

20101606281_259b4e6f8c
社外弁理士に存在価値はあるのか?

先日(2016/5/16)の日経新聞に、「企業の枠越え 法実務

14561581102_472fb7425c (1)
コンサル重視に転換する製造業に期待すること

先日(2016/5/9)、「日立、営業2万人増員 コンサル重視

26443844932_c18ddab420
地域の知財活動に役立つサイトまとめ

日本では、特許庁が知的財産(以下、「知財」)の取りまとめをして

inf160417
熊本地震で影響を受けた手続の救済措置

©特許庁※画像にリンクあり[/caption] 2016年4月

4201580931_07bf5403d6
プロダクトデザインを意匠と特許で守る訳

プロダクトデザインの保護といえば意匠、というのは皆さんご存知か

→もっと見る



  • 弁理士/監査役/ブロガー。中堅企業、中小・ベンチャー企業、スタートアップに適した知的財産活動を提案。 「地域発 ヒット商品のデザイン」でネーミングと商標登録のコラムを掲載。
PAGE TOP ↑