*

中小企業の社長は大丈夫?マンガで学ぶソフトウェアの違法コピーと内部告発キャンペーン

公開日: : 著作権

Pocket

ソフトウェアの違法コピー撲滅キャンペーン(画像©BSA)が実施されています。しかもマンガで違法コピーの事例と内部告発したときの状況をわかりやすく説明しています。 

スポンサードリンク

中小企業の社長は内部告発に要注意!

ソフトウェア著作権保護団体のBSA(The Software Alliance)は、ソフトウェアの組織内違法コピーを一掃することを目的とした報奨金制度「知財ブラック企業は通報だ!」を2月16日から3月15日までの4週間実施する。

<引用:2015/2/16 「“知財ブラック企業”を通報してくれた人に最高300万円の報奨金、BSAが3月15日まで受付」by internet watch>

マンガは第4話まで公開されています。わかりやすし文字が大きく絵も多くいので、ぼくは数分で読み終わりました。

要約すると、主人公の会社のある事業部が、ライセンスを購入しないでソフトウェアを使い回していました(複数のパソコンに違法にインストールして使用していた)。

そのことを弁護士に相談したところ、通報した本人を非公開にしたまま内部調査までしてくれる団体(BSA)を教えてくれたんです。そこで主人公は、BSAの通報サイトから会社の実態を告発しました。

その後、BSAの内部調査によって違法コピーの使用が発覚し、社長を筆頭にソフトウェアのライセンス管理の徹底を実行し、知財に健全な会社になった、というストーリーです。

このキャンペーンは確かに違法コピーの撲滅がメインの目的ですが、知財の切り口からブラック企業を更生する狙いもあると思うんです。だから中小企業の社長は注意したほうがいいわけです。

というのも、マンガのストーリーのように、社長に隠れてこっそり違法性コピーを使っているマネージャーがいて、そのマネージャーにハラスメントされている社員がいたら、、、どうでしょうか?

社員の中で誰が自分の会社をブラック企業と思っているかわからないですよね。キライなマネージャーを理由にブラック企業と定義し、ここぞとばかりに仕返しを狙って、違法コピーの内部告発もされかねません。

≪まとめ≫

当然、違法コピーはいけません。目の届かないところで違法な行為があり、不意打ちで内部告発されないよう、本来は健全な中小企業の社長は注意することをオススメします。

2015年2月20日

著者 ゆうすけ 

Pocket



関連記事

26443844932_c18ddab420

地域の知財活動に役立つサイトまとめ

日本では、特許庁が知的財産(以下、「知財」)の取りまとめをしていますが、特許庁は経済産業省の

記事を読む

16026547808_cb12b61be9

【2015年まとめ】知的財産記事おすすめ28選!1年を振り返って思うこと

2015年も残すところあとわずかとなりました。 自分としては、年末にその1年を振り返る

記事を読む

14225546002_a52e577fd3

小売業のブランド戦略を後押しする知的財産活動事例

小売業といえば、スーパー、コンビニ、量販店、ドラッグストア、ネットショップなど主に商品を販売

記事を読む

4374886726_f64eb4d86d

五輪エンブレム騒動に学ぶ見た目のオリジナル性の考え方

新五輪(オリンピック)エンブレム再募集の応募時期(2015年11月24日~)が迫ってきました。今

記事を読む

7983534479_e6419d9dcf

中小企業が新たな価値を生むには?知的財産活動はモノづくりプロデュースのカギ

『ハゲタカ』シリーズの最新作『スパイラル』を背景に、著者の真山氏が語る日本の中小企業の実態や

記事を読む

20170127tmd01
ピコ太郎さんも驚きの商標トラブル!エイベックス社が巻き込まれた状況を図解

  ピコ太郎さんの話題は2017年になってもまだまだ衰

20101606281_259b4e6f8c
社外弁理士に存在価値はあるのか?

先日(2016/5/16)の日経新聞に、「企業の枠越え 法実務

14561581102_472fb7425c (1)
コンサル重視に転換する製造業に期待すること

先日(2016/5/9)、「日立、営業2万人増員 コンサル重視

26443844932_c18ddab420
地域の知財活動に役立つサイトまとめ

日本では、特許庁が知的財産(以下、「知財」)の取りまとめをして

inf160417
熊本地震で影響を受けた手続の救済措置

©特許庁※画像にリンクあり[/caption] 2016年4月

→もっと見る



  • 弁理士/監査役/ブロガー。中堅企業、中小・ベンチャー企業、スタートアップに適した知的財産活動を提案。 「地域発 ヒット商品のデザイン」でネーミングと商標登録のコラムを掲載。
PAGE TOP ↑