*

中小企業になぜ知財管理が根付かない?知的財産の洗い出しからはじめよう!

公開日: : 最終更新日:2015/01/25 特許, 特許トレンド

Pocket

 

知財管理のオンラインサービスに関する記事をご紹介。たしかこれは大事だな~と思っています。

photo credit: cesarharada.com via photopin cc

スポンサードリンク

知財管理は知的財産の洗い出しから

質問に答えることで自社の知的財産を洗い出して管理できる
Traklightでは、利用者が同社のソフトウェアを利用することで、企業の持つ知的財産を含む無形資産を特定することができる。無形資産の例としてはブランドやサービス、プロセスや知識、顧客とサプライヤーのリスト、レシピ、発明、クリエイティブな作品などがあるそうだ。

<引用:2015/1/23 株式会社ネットコンシェルジェ 「知財管理にまつわる面倒な作業を自動化した「TrakLight」」 >

中小企業の社長や経営幹部の方々に話を聞くと、どうも会社内の知的財産の存在に気づいていないように感じます。会社の価値ある情報を放置しちゃってるんですよね。

売れる商品やサービスには、他社とは違う特徴(差別化)や他社にはない特徴(独自化)があるはずですよね。事業で利益を得る理由、コストを削減できた理由、そういうのも会社の知的財産です。

知的財産というと、特許や商標など登録したもの(独占排他権)にフォーカスされがちです。特許や商標をとることが目的になって、それらが事業や会社にどうメリットがあるかを考えないとあまり意味ありません。

だから知的財産の洗い出しが必要だし、Traklighのようなオンラインサービスも出てきたんでしょう。まずはTraklighや弁理士など専門家に相談して、知的財産の洗い出しからはじめてみてはいかがでしょうか。

≪まとめ≫

知的財産がない会社はありえません。そういう意味で考えると、低迷気味な会社は知的財産が見える化されていないのかもしれません。会社の知的財産を洗い出し、強みやウリや伸ばしていきたい点を明確にすることをオススメします。

2015年1月24日

著者 ゆうすけ

Pocket



関連記事

14561581102_472fb7425c (1)

コンサル重視に転換する製造業に期待すること

先日(2016/5/9)、「日立、営業2万人増員 コンサル重視へ転換」という記事が日経新聞に

記事を読む

26443844932_c18ddab420

地域の知財活動に役立つサイトまとめ

日本では、特許庁が知的財産(以下、「知財」)の取りまとめをしていますが、特許庁は経済産業省の

記事を読む

inf160417

熊本地震で影響を受けた手続の救済措置

©特許庁※画像にリンクあり[/caption] 2016年4月14日から発生している熊本地方

記事を読む

4201580931_07bf5403d6

プロダクトデザインを意匠と特許で守る訳

プロダクトデザインの保護といえば意匠、というのは皆さんご存知かと思いますが、特許でも保護でき

記事を読む

25236620725_4df53fb958

ジェネリック家電のコピーを防ぐ特許戦略

photo credit: blood test via photopin (license)[/

記事を読む

20170127tmd01
ピコ太郎さんも驚きの商標トラブル!エイベックス社が巻き込まれた状況を図解

  ピコ太郎さんの話題は2017年になってもまだまだ衰

20101606281_259b4e6f8c
社外弁理士に存在価値はあるのか?

先日(2016/5/16)の日経新聞に、「企業の枠越え 法実務

14561581102_472fb7425c (1)
コンサル重視に転換する製造業に期待すること

先日(2016/5/9)、「日立、営業2万人増員 コンサル重視

26443844932_c18ddab420
地域の知財活動に役立つサイトまとめ

日本では、特許庁が知的財産(以下、「知財」)の取りまとめをして

inf160417
熊本地震で影響を受けた手続の救済措置

©特許庁※画像にリンクあり[/caption] 2016年4月

→もっと見る



  • 弁理士/監査役/ブロガー。中堅企業、中小・ベンチャー企業、スタートアップに適した知的財産活動を提案。 「地域発 ヒット商品のデザイン」でネーミングと商標登録のコラムを掲載。
PAGE TOP ↑