*

ゆるさがいい!コーヒーミーティングフェスティバル2013の参加レポート

公開日: : 最終更新日:2014/01/04 ビジネスモデル , ,

Pocket

昨日、「コーヒーミーティング」のイベントに行ってきました。約200人が参加して、会場はとてもにぎやかでした。

でも実は、ぼく自身まだ「コーヒーミーティング」を使ったことがないんです。だから「コーヒーミーティング」がどんな仕組みなのか?どんな人が利用しているのか?そのメリットは?といった視点でイベントに参加してきました。

スポンサードリンク

オープニングで各賞の発表

まず行われたのが、開催回数が多かったコミュニティとミーティング回数が多かった人の発表です。

コーヒーミーティングでは個人同士がアポイントとって会うだけではなく、個人がイベントを開催して参加者を募ることもできます。今年受賞したコミュニティは全部で6つありました。企画するコミュニティの内容や主催者に制限はないようです。

・会社員ミーティング
・朝活コミュニティ
・名古屋でコーヒーミーティングを盛り上げる会
・座禅瞑想カフェ
・初心者にコーヒーミーティングを教える
・マーケティング勉強会

またミーティング回数が多かった人は、エバンジェリストに認定されるようです。エバンジェリストになった方の職種は、IT系ベンチャーの会社員、起業家、士業の先生など様々でした。

エバンジェリストの方何人かに話を聞いたところ、みなさんちょっと空いた時間にミーティングを設定しているそうです。打ち合わせの合間とか。ミーティングの目的はガチガチに設定せず、まずはコミュニケーションの場としてゆるく考えているとのことです。

でも残念ながらまったく想定外の人と会ってしまうこともあるそうです。だからミーティング時間は短め(30分)に設定し、会話がはずめば30分延長する、というテクニックを教えてもらいました。

興味あるテーマ毎に集まってコーヒーミーティング

続いてメインコンテンツです。フェスティバルではテーマ毎に分かれてミーティングが行われました。テーマは以下のとおりです。オーガナイザーがいるところといないところがありました。

・デザイン
・プログラミング
・旅行
・ヒッチハイク
・本、マンガ
・ボードゲーム
・スタートアップ
・Web
・スマートフォンアプリ
・マーケティング
・新しい働き方
・就活
・英語
・グルメ
・宇宙
・コミュニティ「Webサービス作ろう会」
・コミュニティ「座禅、瞑想カフェ」
・コミュニティ「朝活」

オーガナイザーがいるブースでは、みんなで共通の話題について話し合う進め方でした。一方、オーガナイザーがいないブースでは、ほとんどマンツーマンのフリートークでした。コーヒーミーティングの趣旨としては、後者のほうが合っているようです。どちらも体験しましたが、やはりマンツーマンで接した方が、話したいことを話せたし、聞きたいことを聞けたので、面白かったです。

とくに「スタートアップ」では、アプリ開発した人やスタートアップを支援している人との出会いもありました。ローンチほやほやのアプリネタもゲットできたので、ご紹介しておきます。

ランチボックス | ランチから広がる人脈・交流マッチング

持ち込まれた企画もユニーク

フェスティバルでは協賛がついていて、いくつかの企画が持ち込まれていました。持ち込む企画にしばりもなく、その辺もまたゆるかったです。

たとえば、マルコメ味噌さんは、コーヒーミーティングなのにオフィスで手軽に飲める味噌汁の企画「ONE(椀)SHOT」をデモンストレーションしていました。ネーミングもユニークだし、ワンプッシュで紙コップ1個分のミソが出てくるミニサーバーがかわいかったです。

<参考> マルコメ 椀SHOT倶楽部 | 椀 SHOT(ワンショット)

また魚料理に強いフードコーディネータの方が、オリジナルメニュー「鳥賊墨と八丁味噌シーフードシチュー+黒米」の試食会をしていました。美味しかったです。

<参考> 株式会社北青山食品研究所

≪まとめ≫

「出会い」がテーマのコンテンツの可能性は無限大だと感じました。「コーヒーミーティング」のコンセプトは、『近いけど遠いあの人と、お茶してみよう』です。たしかに、SNSでつながってるけど、ちゃんと話したことないって人が沢山います。そんな人間関係で希薄な部分を、さらにまたSNSでゆるくつなげようという発想がユニークです。まずは人と会うことを目的に一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。

2013年12月16日

著者 ゆうすけ

Pocket



関連記事

14561581102_472fb7425c (1)

コンサル重視に転換する製造業に期待すること

先日(2016/5/9)、「日立、営業2万人増員 コンサル重視へ転換」という記事が日経新聞に

記事を読む

24566046491_f2cced8e09

技術ノウハウを経営に活用できている会社のほうが提案力に長けている理由

公官庁が提供する調査結果や資料は内容が充実しているため重宝しています。先月(2016/2/1

記事を読む

5734800480_30a36c6198

2016年に注目の3つの知的財産の話題

明けましておめでとうございます。2016年もいよいよ幕開けしました。今年も知的財産のネタをわ

記事を読む

16026547808_cb12b61be9

【2015年まとめ】知的財産記事おすすめ28選!1年を振り返って思うこと

2015年も残すところあとわずかとなりました。 自分としては、年末にその1年を振り返る

記事を読む

14225546002_a52e577fd3

小売業のブランド戦略を後押しする知的財産活動事例

小売業といえば、スーパー、コンビニ、量販店、ドラッグストア、ネットショップなど主に商品を販売

記事を読む

02
コロプラを訴えた任天堂特許戦略の考察

  2018年も新年早々、知的財産関連のビックニュース

20170127tmd01
ピコ太郎さんも驚きの商標トラブル!エイベックス社が巻き込まれた状況を図解

  ピコ太郎さんの話題は2017年になってもまだまだ衰

20101606281_259b4e6f8c
社外弁理士に存在価値はあるのか?

先日(2016/5/16)の日経新聞に、「企業の枠越え 法実務

14561581102_472fb7425c (1)
コンサル重視に転換する製造業に期待すること

先日(2016/5/9)、「日立、営業2万人増員 コンサル重視

26443844932_c18ddab420
地域の知財活動に役立つサイトまとめ

日本では、特許庁が知的財産(以下、「知財」)の取りまとめをして

→もっと見る



  • 弁理士/監査役/ブロガー。中堅企業、中小・ベンチャー企業、スタートアップに適した知的財産活動を提案。 「地域発 ヒット商品のデザイン」でネーミングと商標登録のコラムを掲載。
PAGE TOP ↑