*

シリーズ次回作は「ハピネスチャージプリキュア!」!?商標登録から分析

公開日: : 最終更新日:2014/11/15 商標事例研究, 商標戦略 ,

Pocket

photo credit: yousuke_orenikki via photopin cc

人気シリーズ「プリキュア」の次回作が「ハピネスチャージプリキュア!」ではないかというネタが飛び込んできました。それの元ネタは、特許庁からの公開情報です。

以前、東映が「烈車戦隊トッキュウジャー」を商標出願した記事をかきましたが、今回もそのときと同じように分析してみました。

スポンサードリンク

 ・10月2日に 「ハピネスチャージプリキュア!」を申請

特許庁の公開情報を見ると、確かに10月2日に商標登録の申請(出願)をして、10月24日に公開されたことがわかります。出願人は「東映アニメーション株式会社」です。

登録申請しているカテゴリー(区分)は全部で23コです。たとえば、シャンプーとかタオルとかキーホルダーとか、あらゆるグッズを販売するのではないでしょうか。つまり販売する商品やサービスについてちゃんと商標登録しておかないと、真似されたときに何も言えないわけです。

・申請のタイミングはやや遅め!?

番組の放送開始は2月上旬。一方、商標登録までの期間は、申請から平均6か月。そうすると、放送開始までに間に合うかどうかは微妙です。もちろん、平均6か月なため、5ケ月で登録されることもあります。

現在放送中の「ドキドキ!プリキュア」も、ちょうど一年前に商標登録申請されていました(2012年10月2日)。しかし商標が登録された日は、放送開始(2013年2月3日)から大幅に遅れ、5月31日です。

ここから推測するに、放送開始までに商標登録を済ませるつもりはなく、毎年10月頃に新シリーズのタイトルを申請することだけが定番になっているようです。

・過去のタイトルも商標登録済み

プリキュアシリーズのタイトル一覧 ©Wikipedia

プリキュアシリーズの商標登録一覧

プリキュアシリーズのタイトル一覧(上)と、商標登録一覧(下)です。これらを見ると、すべてのタイトルが商標登録済みであることがわかります。売上100億超えでハンパありません。商標登録の効果も大きいはずです。

≪ピッタリナまとめ≫

プリキュアシリーズはヒット作品であり模倣業者も多いと考えられるため、商標登録するカテゴリーも多めです。番組のタイトルとして商標登録するだけでなく、グッズ販売ビジネスを見こして商標登録するのも大切な戦略です。

 2013年10月25日

著者 ゆうすけ

Pocket



関連記事

23138252250_5c507023ca

ハッシュタグの商標戦略の考察

先日、「ハッシュタグも知的財産--商標登録する海外企業」という興味深い記事が公開されていまし

記事を読む

photo credit: life in sacramento : spell casting, california (2015) via photopin (license)

「必殺技」の商標戦略の考察

バンダイが「必殺技」を商標出願したというニュース(2016/3/15)が報じられました。ゲーム業

記事を読む

25236620725_4df53fb958

ジェネリック家電のコピーを防ぐ特許戦略

photo credit: blood test via photopin (license)[/

記事を読む

10644821775_e59fe9c1f0

ゆるキャラブームと商標登録の傾向と対策

「ゆるキャラ®」の生みの親であるみうらじゅんさんの著書「「ない仕事」の作り方」を読みました。

記事を読む

8857900520_9ce576c6af

アップルに学ぶ商品価値を伝える空間の考え方

どんなにいい商品だとしても、その価値が伝わらなければ売れません。商品の価値があるかないかは最

記事を読む

02
コロプラを訴えた任天堂特許戦略の考察

  2018年も新年早々、知的財産関連のビックニュース

20170127tmd01
ピコ太郎さんも驚きの商標トラブル!エイベックス社が巻き込まれた状況を図解

  ピコ太郎さんの話題は2017年になってもまだまだ衰

20101606281_259b4e6f8c
社外弁理士に存在価値はあるのか?

先日(2016/5/16)の日経新聞に、「企業の枠越え 法実務

14561581102_472fb7425c (1)
コンサル重視に転換する製造業に期待すること

先日(2016/5/9)、「日立、営業2万人増員 コンサル重視

26443844932_c18ddab420
地域の知財活動に役立つサイトまとめ

日本では、特許庁が知的財産(以下、「知財」)の取りまとめをして

→もっと見る



  • 弁理士/監査役/ブロガー。中堅企業、中小・ベンチャー企業、スタートアップに適した知的財産活動を提案。 「地域発 ヒット商品のデザイン」でネーミングと商標登録のコラムを掲載。
PAGE TOP ↑