*

サロンのアイデア事件簿その3 購入した写真を個人ブログに使いまわし!?

公開日: : 最終更新日:2014/01/03 著作権 , , , , ,

Pocket

サロンでサービスの内容や質を伝えるとき、写真をつかうとわかりやすいです。そのためいい写真には集客力があります。しかし毎回プロのカメラマンに写真撮影を依頼するのはどうかと思います。最近ではカメラマンがあらかじめ撮影した写真を購入できるサイトがあるからです。

ところで、例えば購入したヘアスタイル写真を、個人ブログに使いまわしてもいいのでしょうか?

スポンサードリンク

購入した写真を個人ブログで使えば集客効果あり!?


ヘアスタイルは流行りものです。いろいろなヘアサロンのホームページで見かけます。そこで有名サロンがオススメしているヘアスタイルの写真をインターネットで探したところ、同じヘアスタイルの写真を購入できるサイトがありました。

さっそく写真を購入して、自分のサロンのホームページに掲載しました。おかげでお客さんからヘアスタイルについて問い合わせがくるようになりました。どうやらお客さんは、ワックスの付け方、ブローの仕方、似合う洋服など、スタイリストが気づかなかった細かいことを気にしているようです。それなら個人ブログでこのヘアスタイル写真を使い回し、ホームページでは掲載していないお客さんのギモンを解消してあげたいと思ったのです。

でもそもそも購入した写真だし、ホームページ以外で使っていいかわかりません。個人ブログで掲載した後に、やっぱりダメでした、なんていうのはマズいし。。。写真購入サイトに書いてある説明もわかりにくいしな~><

写真の著作権はサイト運営者がもっていることが多い


基本的に写真の著作権はサイト運営者が管理しています。よく「ロイヤリティーフリー」っていうコトバが使われていますが、これが混乱を招く原因だと思います。「ロイヤリティーフリーライセンスを許諾する形態で販売しています。」とか、、、わかりにくいですね。

「ロイヤリティーフリー」というは、写真(の著作権)をあげるのではなく、写真を自由に使ってもいいよってことです。ただなんでもあり、というわけではなく、サイト運営者と約束したことだけです。この約束は、写真購入サイト内の「利用について」などに書かれていると思います。つまり個人ブログにも使っていいよって書かれているか、それに近いことが書いてあれば問題ありません。

一方、「エクストラライセンス」とか「ライツドマネージド」とかで販売されている写真は、使用に制限があるため要注意です。約束をやぶると、サイト運営者の著作権に違反してペナルティーがあるかもしれません。

まとめ


写真購入サイトで写真を購入する場合、購入前に写真の著作権についてサイト運営者に確認しておきましょう。購入後は個人ブログなどで自由に使っていいのか、それともホームページでしか使っちゃいけないのか、どんな使い方だと追加料金がかかるのか、などです。

2013年5月31日

著書 ゆうすけ

Pocket



関連記事

26443844932_c18ddab420

地域の知財活動に役立つサイトまとめ

日本では、特許庁が知的財産(以下、「知財」)の取りまとめをしていますが、特許庁は経済産業省の

記事を読む

16026547808_cb12b61be9

【2015年まとめ】知的財産記事おすすめ28選!1年を振り返って思うこと

2015年も残すところあとわずかとなりました。 自分としては、年末にその1年を振り返る

記事を読む

14225546002_a52e577fd3

小売業のブランド戦略を後押しする知的財産活動事例

小売業といえば、スーパー、コンビニ、量販店、ドラッグストア、ネットショップなど主に商品を販売

記事を読む

4374886726_f64eb4d86d

五輪エンブレム騒動に学ぶ見た目のオリジナル性の考え方

新五輪(オリンピック)エンブレム再募集の応募時期(2015年11月24日~)が迫ってきました。今

記事を読む

7983534479_e6419d9dcf

中小企業が新たな価値を生むには?知的財産活動はモノづくりプロデュースのカギ

『ハゲタカ』シリーズの最新作『スパイラル』を背景に、著者の真山氏が語る日本の中小企業の実態や

記事を読む

02
コロプラを訴えた任天堂特許戦略の考察

  2018年も新年早々、知的財産関連のビックニュース

20170127tmd01
ピコ太郎さんも驚きの商標トラブル!エイベックス社が巻き込まれた状況を図解

  ピコ太郎さんの話題は2017年になってもまだまだ衰

20101606281_259b4e6f8c
社外弁理士に存在価値はあるのか?

先日(2016/5/16)の日経新聞に、「企業の枠越え 法実務

14561581102_472fb7425c (1)
コンサル重視に転換する製造業に期待すること

先日(2016/5/9)、「日立、営業2万人増員 コンサル重視

26443844932_c18ddab420
地域の知財活動に役立つサイトまとめ

日本では、特許庁が知的財産(以下、「知財」)の取りまとめをして

→もっと見る



  • 弁理士/監査役/ブロガー。中堅企業、中小・ベンチャー企業、スタートアップに適した知的財産活動を提案。 「地域発 ヒット商品のデザイン」でネーミングと商標登録のコラムを掲載。
PAGE TOP ↑