*

サロンのアイデア事件簿その1 サロンの店名が真似された!?

公開日: : 最終更新日:2014/01/03 商標戦略

Pocket

えー、そんなことあるの!?って思うかもしれませんが、知らぬ間に店名がライバルサロンに真似されてたり、逆にいつの間にかライバルサロンの店名を真似してたりすることがあります。

そこでサロンのアイデア事件簿その1として、ライバルサロンに店名を真似された場合のケースをご紹介します。

スポンサードリンク

店名はお客さんにとって目印


はじめに、店名はサロンの存在をお客さんに知ってもらったり、来てくれたお客さんにリピーターになってもらったりするためにとても大切です。だからライバルサロンに店名を真似されるとまずいのです。

例えばこちらのサロンの店名を「すやすやサロン」と仮名します。リフレッシュできてその夜はすやすや眠れるというポイントをわかりやすく伝えるネーミングです。

ライバルサロンに店名を真似されると、「すやすやサロン」が2つ存在してしまいます。だからもしお客さんがサロンをインターネットで探していて、「すやすや サロン」というキーワードで検索したら、「すやすやサロン」が2つ出てきます。

このときお客さんの気持ちを考えてみください。それぞれ別のサロンと思うでしょか?

お客さんは真似された事実を知りようもない


むしろ姉妹店かなって思うのが自然です。またもしライバルの「すやすやサロン」の料金が安かったら!?はじめてのお客さんならサービス内容がわからないため、たぶんライバルの「すやすやサロン」に行くはずです。

でもライバルの「すやすやサロン」のサービスが悪かったら!!??お客さんはライバルサロンだけじゃく、こちらの「すやすやサロン」にも来てくれなくなります。なぜならお客さんはライバルサロンとこちらのサービスの質が同じと勘違いしているからです。

つまり店名が真似されると、集客のチャンスを逃すことになります。このようなことにならないよう、サロンの店名を商標登録しておいたほうがいいのです。もし商標登録していれば、ライバルサロンに「すやすやサロン」はこちらが商標登録しているので使うのやめて!って言えます。

また商標登録するだけじゃなく、店名を真似しているライバルがいないかどうか、インターネットで定期的にチェックすることをオススメします。真似するライバルが増えれば増えるほど、店名の価値が下がってしまうからです。

まとめ


店名はサロン集客で大切な武器です。ライバルに店名を使わせる使わせない、使わせるときは有料、など自分で選択できるよう、商標登録しておいたほうが無難です。

2013年5月29日

著書 ゆうすけ

Pocket



関連記事

23138252250_5c507023ca

ハッシュタグの商標戦略の考察

先日、「ハッシュタグも知的財産--商標登録する海外企業」という興味深い記事が公開されていまし

記事を読む

photo credit: life in sacramento : spell casting, california (2015) via photopin (license)

「必殺技」の商標戦略の考察

バンダイが「必殺技」を商標出願したというニュース(2016/3/15)が報じられました。ゲーム業

記事を読む

25236620725_4df53fb958

ジェネリック家電のコピーを防ぐ特許戦略

photo credit: blood test via photopin (license)[/

記事を読む

10644821775_e59fe9c1f0

ゆるキャラブームと商標登録の傾向と対策

「ゆるキャラ®」の生みの親であるみうらじゅんさんの著書「「ない仕事」の作り方」を読みました。

記事を読む

118662783_d26ca013a7

「湯~とぴあ」を独占?事例に学ぶ事業エリアと業界キーワードと商標登録の関係

商標とは、社名や商品名などいわゆるビジネスの看板(目印)となるものです。主に、ネーミング、ロ

記事を読む

02
コロプラを訴えた任天堂特許戦略の考察

  2018年も新年早々、知的財産関連のビックニュース

20170127tmd01
ピコ太郎さんも驚きの商標トラブル!エイベックス社が巻き込まれた状況を図解

  ピコ太郎さんの話題は2017年になってもまだまだ衰

20101606281_259b4e6f8c
社外弁理士に存在価値はあるのか?

先日(2016/5/16)の日経新聞に、「企業の枠越え 法実務

14561581102_472fb7425c (1)
コンサル重視に転換する製造業に期待すること

先日(2016/5/9)、「日立、営業2万人増員 コンサル重視

26443844932_c18ddab420
地域の知財活動に役立つサイトまとめ

日本では、特許庁が知的財産(以下、「知財」)の取りまとめをして

→もっと見る



  • 弁理士/監査役/ブロガー。中堅企業、中小・ベンチャー企業、スタートアップに適した知的財産活動を提案。 「地域発 ヒット商品のデザイン」でネーミングと商標登録のコラムを掲載。
PAGE TOP ↑