*

特許庁も提案!特許にする?それとも企業秘密にする?迷ったときの3つの考え方

公開日: : 特許, 特許戦略

Pocket

特許庁から「特許庁ステータスレポート 2015」が公開されました(2015年3月30日付け)。

その中で、「戦略的な知的財産管理・活用の促進」という章があるんですが、その章では、日本の知的財産事情の課題が9つにわけて書かれています。

さらに、あなたの会社の知財活動はいかがですか?という問題定義も含まれていると感じられます。事業にあった方針か?制度を活用できてるか?海外対応は?などなど。

スポンサードリンク

特許?企業秘密?迷ったときの3つの考え方

最近話題の営業秘密についてもしっかり取り上げられています。ノウハウ、特に、他社には絶対にパクられてはいけない技術をどうやって守るか(管理するか)?という点について。

ぼくもよく質問されますが、特許をとったほうがいいかどうか聞かれたとき、以下のように答えています。 これは、「営業秘密・知財戦略ポータルサイトについて」でも、事例紹介として掲載されています。

具体的には、次の点を総合的に考慮して、秘匿ノウハウとするようにしている。
・ 特許権を侵害されても発見が困難な技術
・ 製品から技術内容を認識することが不可能な技術
・ 公開しなければ競合他社が到達困難であり市場優位性を確保できると考えられる技術

<引用:■営業秘密・知財戦略について 7.秘匿化の実例 1.機械系の企業の実例>

1つ目は、パクられたかどうかわからなければ、むしろ特許とらない方がいいよ、ということです。パクられ損にならないよう、ちゃんと検討しましょう。

2つ目は、ライバル会社に製品のカラクリがバレなければ特許をとるまでもないよ、ということです。これもパクられ損のリスクがあるんで要検討です。

3つ目は2つ目と似ていますが、特許を取るということは製品のカラクリがオープンにされるリスクもあるので、それでライバル会社が増えたら本末転倒のため特許はやめたほうがいいよ、ということです。

逆を言えば、カラクリがバレやすい製品については特許をとった方がいい、ということになります。ある種、”肉を切らせて骨を断つ”作戦かもしれないので、それはまさに”技術を特許で守る”ことに他なりません。

≪まとめ≫

いろんなケースがあるので全てが上の3つで判断できるわけではありませんが、なんでもかんでも特許にすべきじゃないし、企業秘密にするほど大げさなものじゃない場合もあります。そのため日常的にこのような検討の習慣をもつことが、知財管理の第一歩になるでしょう。

2015年4月19日

著者 ゆうすけ

Pocket



関連記事

02

コロプラを訴えた任天堂特許戦略の考察

  2018年も新年早々、知的財産関連のビックニュースが飛び込んできました。ご存知、

記事を読む

14561581102_472fb7425c (1)

コンサル重視に転換する製造業に期待すること

先日(2016/5/9)、「日立、営業2万人増員 コンサル重視へ転換」という記事が日経新聞に

記事を読む

26443844932_c18ddab420

地域の知財活動に役立つサイトまとめ

日本では、特許庁が知的財産(以下、「知財」)の取りまとめをしていますが、特許庁は経済産業省の

記事を読む

inf160417

熊本地震で影響を受けた手続の救済措置

©特許庁※画像にリンクあり[/caption] 2016年4月14日から発生している熊本地方

記事を読む

4201580931_07bf5403d6

プロダクトデザインを意匠と特許で守る訳

プロダクトデザインの保護といえば意匠、というのは皆さんご存知かと思いますが、特許でも保護でき

記事を読む

02
コロプラを訴えた任天堂特許戦略の考察

  2018年も新年早々、知的財産関連のビックニュース

20170127tmd01
ピコ太郎さんも驚きの商標トラブル!エイベックス社が巻き込まれた状況を図解

  ピコ太郎さんの話題は2017年になってもまだまだ衰

20101606281_259b4e6f8c
社外弁理士に存在価値はあるのか?

先日(2016/5/16)の日経新聞に、「企業の枠越え 法実務

14561581102_472fb7425c (1)
コンサル重視に転換する製造業に期待すること

先日(2016/5/9)、「日立、営業2万人増員 コンサル重視

26443844932_c18ddab420
地域の知財活動に役立つサイトまとめ

日本では、特許庁が知的財産(以下、「知財」)の取りまとめをして

→もっと見る



  • 弁理士/監査役/ブロガー。中堅企業、中小・ベンチャー企業、スタートアップに適した知的財産活動を提案。 「地域発 ヒット商品のデザイン」でネーミングと商標登録のコラムを掲載。
PAGE TOP ↑