*

ITスタートアップで注意したいリバースエンジニアリング禁止の取り決め

公開日: : 最終更新日:2014/12/09 ビジネスモデル, 特許, 特許戦略

Pocket

アプリなりシステムなりには、APIなど公開していい部分と、モジュール分けして公開してはマズイ部分があります。それらをめぐって交渉とかすることになると思うんですよね。

特に公開してはマズイ部分、つまり誰にも真似されたくない部分の取り決めについては、ちゃんとしておいたほうが安全です。ばれないようにしてあるから大丈夫!というのはリスキーです。

そこでITスタートアップで注意したいリバースエンジニアリング禁止の取り決めについて整理しました。

photo credit: endolith via photopin cc

スポンサードリンク

著作権は万能じゃない!事前の取り決めが大事

特許権がない場合、著作権侵害が成立するのは、ソースコードのレベルで似たような記述がなされている場合に限られますから、・・・異なる体系・司令が用いられた場合、ソースコードのレベルでは類似しないとして著作権侵害にはならないのです。

そのため、ソフトウェアライセンス契約においては、ソフトウェアのリバースエンジニアリングを禁止する条項を置くことが通常です。

<引用:鮫島正洋編集代表「技術法務のススメ」p311>

アプリやシステムも特許になります。だから真似されたくない部分の特許化はITスタートアップにも有効です。でも特許にするにはその部分を公開しなきゃいけません。

ITスタートアップで特許を狙うなら、例えば画面上(目に見える部分)をベースにしたデータの流れや処理に関する部分。これがいわゆるビジネスモデル特許です。。

一方、いくら特許が取れても、公開したことで誰でも真似できるチャンスさえもあげたくない部分については、特許を出さずに非公開のまま交渉すべきです。

そのとき契約に入れておいた方がいいのが、リバースエンジニアリング(分解・解析)の禁止の取り決めです。裏でされたらわからないとしても、抑止力にはなるはずです。

プログラムは著作権で守れるから大丈夫!というのは危険です。プログラムを著作権で守れるのは、そっくりそのままパクられたときと考えておいたほうが無難でしょう(期待しすぎないべきです)。

≪まとめ≫

IT系の皆さんは横のつながりを大事にして仲がいいと聞いたことがあります。ただ何が起こるかわからないし、親しき仲にも礼儀ありで、必要なことはちゃんと取り決めておいた方が、その後も長いお付き合いができるのではないでしょうか。

2014年12月8日

著者 ゆうすけ

Pocket



関連記事

02

コロプラを訴えた任天堂特許戦略の考察

  2018年も新年早々、知的財産関連のビックニュースが飛び込んできました。ご存知、

記事を読む

14561581102_472fb7425c (1)

コンサル重視に転換する製造業に期待すること

先日(2016/5/9)、「日立、営業2万人増員 コンサル重視へ転換」という記事が日経新聞に

記事を読む

26443844932_c18ddab420

地域の知財活動に役立つサイトまとめ

日本では、特許庁が知的財産(以下、「知財」)の取りまとめをしていますが、特許庁は経済産業省の

記事を読む

inf160417

熊本地震で影響を受けた手続の救済措置

©特許庁※画像にリンクあり[/caption] 2016年4月14日から発生している熊本地方

記事を読む

4201580931_07bf5403d6

プロダクトデザインを意匠と特許で守る訳

プロダクトデザインの保護といえば意匠、というのは皆さんご存知かと思いますが、特許でも保護でき

記事を読む

02
コロプラを訴えた任天堂特許戦略の考察

  2018年も新年早々、知的財産関連のビックニュース

20170127tmd01
ピコ太郎さんも驚きの商標トラブル!エイベックス社が巻き込まれた状況を図解

  ピコ太郎さんの話題は2017年になってもまだまだ衰

20101606281_259b4e6f8c
社外弁理士に存在価値はあるのか?

先日(2016/5/16)の日経新聞に、「企業の枠越え 法実務

14561581102_472fb7425c (1)
コンサル重視に転換する製造業に期待すること

先日(2016/5/9)、「日立、営業2万人増員 コンサル重視

26443844932_c18ddab420
地域の知財活動に役立つサイトまとめ

日本では、特許庁が知的財産(以下、「知財」)の取りまとめをして

→もっと見る



  • 弁理士/監査役/ブロガー。中堅企業、中小・ベンチャー企業、スタートアップに適した知的財産活動を提案。 「地域発 ヒット商品のデザイン」でネーミングと商標登録のコラムを掲載。
PAGE TOP ↑