*

ロゴか文字か迷ったときどっちで商標登録すべきか簡単に判断する方法

公開日: : 最終更新日:2014/11/26 商標, 商標1分講座

Pocket

ブランドづくりにネーミングは欠かせません。会社のブランド、商品のブランド、シリーズもののブランドなどを一目瞭然にするからです。

さらにネーミングをロゴにすると、ブランド力がアップします。単なるネーミングより目を引きやすく、記憶にも残りやすいからです。

しかしそうすると、商標登録は、ロゴですべきなのか、それともネーミングのみ(つまり文字)ですべきなのか、判断に迷います。
photo credit: JD Hancock via photopin cc

スポンサードリンク

名称が読めるならロゴ、読めなければネーミング

そこで文字かロゴかで迷ったときどっちで商標登録すべきか簡単に判断する方法として、「名称が読めるかどうか」によります。

特徴あるロゴでも名称が読める場合、ロゴで商標登録して概ね問題ありません。なぜならネーミングのみパクられても、読み方(称呼)が同じだから少なくとも類似の範囲にあるため、その行為に文句を言えるからです。

一方、特徴あるロゴで名称が読めない場合(エンブレムとか)、まずはネーミングのみで商標登録したほうが無難です。ロゴよりネーミングのほうがパクられやすいからです。またロゴはデザイン変更しやすいため、類似の範囲から外れやすいといえます。

なお名称が読めても、ロゴが他にはない特徴を持っている場合、、もちろんロゴでも商標登録すべきです。ネーミングを変更し、そのロゴの特徴のみパクられるリスクがあるからです。

≪まとめ≫

コスト優先なら、「名称が読めるかどうか」で判断することをおすすめします。名称が読めるならロゴ、読めなければネーミングです。

より詳しい解説はこちら→文字?ロゴ?どちらで商標登録するか簡単に判断する方法

2014年11月25日

著者 ゆうすけ

Pocket



関連記事

20170127tmd01

ピコ太郎さんも驚きの商標トラブル!エイベックス社が巻き込まれた状況を図解

  ピコ太郎さんの話題は2017年になってもまだまだ衰えるところを知りません。話題性

記事を読む

26443844932_c18ddab420

地域の知財活動に役立つサイトまとめ

日本では、特許庁が知的財産(以下、「知財」)の取りまとめをしていますが、特許庁は経済産業省の

記事を読む

23138252250_5c507023ca

ハッシュタグの商標戦略の考察

先日、「ハッシュタグも知的財産--商標登録する海外企業」という興味深い記事が公開されていまし

記事を読む

photo credit: life in sacramento : spell casting, california (2015) via photopin (license)

「必殺技」の商標戦略の考察

バンダイが「必殺技」を商標出願したというニュース(2016/3/15)が報じられました。ゲーム業

記事を読む

25236620725_4df53fb958

ジェネリック家電のコピーを防ぐ特許戦略

photo credit: blood test via photopin (license)[/

記事を読む

20170127tmd01
ピコ太郎さんも驚きの商標トラブル!エイベックス社が巻き込まれた状況を図解

  ピコ太郎さんの話題は2017年になってもまだまだ衰

20101606281_259b4e6f8c
社外弁理士に存在価値はあるのか?

先日(2016/5/16)の日経新聞に、「企業の枠越え 法実務

14561581102_472fb7425c (1)
コンサル重視に転換する製造業に期待すること

先日(2016/5/9)、「日立、営業2万人増員 コンサル重視

26443844932_c18ddab420
地域の知財活動に役立つサイトまとめ

日本では、特許庁が知的財産(以下、「知財」)の取りまとめをして

inf160417
熊本地震で影響を受けた手続の救済措置

©特許庁※画像にリンクあり[/caption] 2016年4月

→もっと見る



  • 弁理士/監査役/ブロガー。中堅企業、中小・ベンチャー企業、スタートアップに適した知的財産活動を提案。 「地域発 ヒット商品のデザイン」でネーミングと商標登録のコラムを掲載。
PAGE TOP ↑