*

ライセンス収入だけじゃない!モノづくりのノウハウという知的財産の活用法

公開日: : 最終更新日:2014/11/15 ビジネスモデル, 特許, 特許戦略

Pocket

知的財産というと、やれ特許だ商標登録だと、とかく「知的財産権」に話がいきがちです。でもその根本にあるのは、オリジナルな技術のアイデアであり、商品のネーミングなわけです。

とくにモノづくりの現場では、試行錯誤で製品企画し、リードタイムや歩留りを設定し、装置を設計し、治具をチューニングし、あーでもないこーでもないといいながら考えた全てがノウハウとなります。

こうした血と汗と涙の結晶であるノウハウこそ知的財産の原点であり、これを特許化する(オープン戦略)またはノウハウ化する(クローズ戦略)となるわけです。

そしてこのようなモノづくりのノウハウという知的財産の活かし方は、契約によるライセンス収入(売上の数%とか)だけではありません。

photo credit: HikingArtist.com via photopin cc

スポンサードリンク

株をもらって会社の成長に期待

・・・新潟の岩塚製菓というおせんべい屋さんは、今、本体の売り上げが営業利益4億~5億円なんですけど、おせんべいの製造ノウハウの開示先の中国企業からの配当が20億円近く、毎年入ってきます。この場合、ノウハウのライセンス料ではなく、その中国の会社の株を5%もらって、経営には関与しませんということでやった。その中国企業は、今やコメを使った菓子メーカーとして世界最大だそうです。日本のエンジニアは出張ベースで海外に行くという仕組みです。

<引用:2014/11/5 東洋経済オンライン「日本の知財戦略は、どこがズレているのか」>

ノウハウ提供には初期投資がかかります。規模によっては巨額になることもある。そのため提供を受ける側としても決定は慎重に行うはずです。

そのため初期投資をおさえるかわりに株ちょうだい!という交渉は相手にとっても悪くない話です。儲かった分だけ支払えばいいからです。

カンブリア宮殿で洋菓子のシャトレーゼが紹介されていましたが、独自の製法をノウハウ化して横展開することはビジネス拡大には重要です。そしてマーケットのニーズにあえば、一気に利益をあげるチャンスが舞い込んできます。

≪まとめ≫

ノウハウは会社の財産という意識を持つべきです。それを見える化し、他でも使えるようにできたら、そのノウハウそのものが商品になる可能性を秘めています。その際には特許や商標登録など知的財産権とからめて整理するのが理想的です。

2014年11月6日

著者 ゆうすけ

Pocket



関連記事

02

コロプラを訴えた任天堂特許戦略の考察

  2018年も新年早々、知的財産関連のビックニュースが飛び込んできました。ご存知、

記事を読む

14561581102_472fb7425c (1)

コンサル重視に転換する製造業に期待すること

先日(2016/5/9)、「日立、営業2万人増員 コンサル重視へ転換」という記事が日経新聞に

記事を読む

26443844932_c18ddab420

地域の知財活動に役立つサイトまとめ

日本では、特許庁が知的財産(以下、「知財」)の取りまとめをしていますが、特許庁は経済産業省の

記事を読む

inf160417

熊本地震で影響を受けた手続の救済措置

©特許庁※画像にリンクあり[/caption] 2016年4月14日から発生している熊本地方

記事を読む

4201580931_07bf5403d6

プロダクトデザインを意匠と特許で守る訳

プロダクトデザインの保護といえば意匠、というのは皆さんご存知かと思いますが、特許でも保護でき

記事を読む

02
コロプラを訴えた任天堂特許戦略の考察

  2018年も新年早々、知的財産関連のビックニュース

20170127tmd01
ピコ太郎さんも驚きの商標トラブル!エイベックス社が巻き込まれた状況を図解

  ピコ太郎さんの話題は2017年になってもまだまだ衰

20101606281_259b4e6f8c
社外弁理士に存在価値はあるのか?

先日(2016/5/16)の日経新聞に、「企業の枠越え 法実務

14561581102_472fb7425c (1)
コンサル重視に転換する製造業に期待すること

先日(2016/5/9)、「日立、営業2万人増員 コンサル重視

26443844932_c18ddab420
地域の知財活動に役立つサイトまとめ

日本では、特許庁が知的財産(以下、「知財」)の取りまとめをして

→もっと見る



  • 弁理士/監査役/ブロガー。中堅企業、中小・ベンチャー企業、スタートアップに適した知的財産活動を提案。 「地域発 ヒット商品のデザイン」でネーミングと商標登録のコラムを掲載。
PAGE TOP ↑