*

UBERのハイヤー配車サービスの正式名称を特許庁のデータベースで調べてみた

公開日: : 最終更新日:2014/11/15 商標事例研究

Pocket

あの会社すげーサービスやってるけど、正式にはなんていうんだろ?なーんて考えたことありませんか。たとえばUBERの場合、単純に言えば、ハイヤー配車サービスとか、ハイヤー検索アプリとか、そんな感じなんでしょうね。

でも正式なサービスの名称として、特許庁ではこんな感じで登録されています。

photo credit: Frankenspotter Photography via photopin cc

スポンサードリンク

これは何かというと、「UBER」というサービス名(兼会社名)を商標登録するために指定したサービス(赤枠内)です。つまりこれらのサービスについて「UBER」という名称を独占するよ!だれにも勝手に使わせないよ!というものです。

そしてこの赤枠内のうち、わかりやすくUBERのサービスの正式な名称を表しているのはこれでしょう。

インターネットを利用して行う車両による輸送に関する情報の提供,輸送
輸送車両の予約・配車の管理に使用されるオンラインによるダウンロード不可能なソフトウェアの一時的利用の提供 

「インターネットを利用して行う車両による輸送に関する情報の提供,輸送」というのは、ハイヤーを利用したいユーザー向けのサービスの正式名称といえそうです。つまりUBERのサービスは、はハイヤーを配車するための情報をユーザーに提供し、そのユーザーをハイヤーで輸送するのがメイン事業になります。

また「輸送車両の予約・配車の管理に使用されるオンラインによるダウンロード不可能なソフトウェアの一時的利用の提供」というのは、おそらく「uberTAXI」(ウーバータクシー)のパートナーとなるタクシー会社向けのサービスの正式名称と考えられます。タクシー会社がUBERと連携するために利用するウェブアプリのことかなって想像しています。

≪まとめ≫

商標登録するときは、自分の商標の権利を主張しやすいよう、明確に商品やサービスを指定するのがいい登録の仕方です。UBERの場合はこんな感じ。ちなみに、逆に言えば、事業の正式名称がわからない場合、特許庁のデータベースで調べるのもテクニックです。

2014年8月23日

著者 ゆうすけ

Pocket



関連記事

photo credit: life in sacramento : spell casting, california (2015) via photopin (license)

「必殺技」の商標戦略の考察

バンダイが「必殺技」を商標出願したというニュース(2016/3/15)が報じられました。ゲーム業

記事を読む

8857900520_9ce576c6af

アップルに学ぶ商品価値を伝える空間の考え方

どんなにいい商品だとしても、その価値が伝わらなければ売れません。商品の価値があるかないかは最

記事を読む

4374886726_f64eb4d86d

五輪エンブレム騒動に学ぶ見た目のオリジナル性の考え方

新五輪(オリンピック)エンブレム再募集の応募時期(2015年11月24日~)が迫ってきました。今

記事を読む

118662783_d26ca013a7

「湯~とぴあ」を独占?事例に学ぶ事業エリアと業界キーワードと商標登録の関係

商標とは、社名や商品名などいわゆるビジネスの看板(目印)となるものです。主に、ネーミング、ロ

記事を読む

4596620023_d52079a744

『黒七味』vsロッテリアに学ぶ商標登録の本当のメリットとパクリ疑惑への対応策

ある言葉が商標登録されているのを知らなかったせいで、売れてる商品の販売を停止しなければならな

記事を読む

02
コロプラを訴えた任天堂特許戦略の考察

  2018年も新年早々、知的財産関連のビックニュース

20170127tmd01
ピコ太郎さんも驚きの商標トラブル!エイベックス社が巻き込まれた状況を図解

  ピコ太郎さんの話題は2017年になってもまだまだ衰

20101606281_259b4e6f8c
社外弁理士に存在価値はあるのか?

先日(2016/5/16)の日経新聞に、「企業の枠越え 法実務

14561581102_472fb7425c (1)
コンサル重視に転換する製造業に期待すること

先日(2016/5/9)、「日立、営業2万人増員 コンサル重視

26443844932_c18ddab420
地域の知財活動に役立つサイトまとめ

日本では、特許庁が知的財産(以下、「知財」)の取りまとめをして

→もっと見る



  • 弁理士/監査役/ブロガー。中堅企業、中小・ベンチャー企業、スタートアップに適した知的財産活動を提案。 「地域発 ヒット商品のデザイン」でネーミングと商標登録のコラムを掲載。
PAGE TOP ↑