*

大企業の特許や商標の情報をキャッチするメリットと、キャッチしないデメリット

公開日: : 最終更新日:2014/11/15 商標, 商標1分講座, 特許, 特許1分講座

Pocket

 

新しい特許は年間35万件くらい、商標は年間10万件くらい申請されています。ピーク時より減ったとはいえ、決して少なくはありません。業界やライバル会社の情報を効率良く入手することは、中小企業にも大切なことです。 

そこで大企業の特許や商標の情報をキャッチするメリットとキャッチしないデメリットをまとめました。

photo credit: gibsonsgolfer via photopin cc

スポンサードリンク

世の中の課題にキャッチアップできることがメリット

メリットは、最先端の情報を入手できるという点です。大企業が何してるか?そんなのかんけーねー!っていう方はこれ以上読まないほうがいいです。時間がもったいないから^^; 

特許の公開情報で一番つかんでおいたほうがいいのは、世の中にどういう課題があるか?ということです。特許は世の中の課題を解決する「手段」に対して権利がもらえます。つまり課題をクリアできないと特許にならないんです。 

どんなふうに課題が書かれているかというと、例えばウェブサービスなら「ユーザーが商品を購入するときに情報入力の手間を軽くする」や「ユーザーが買いたい商品を間違わず確実に購入できるようにする」とか。 

新しいビジネスのアイデアって、ぼくらの私生活でこまっていることから逆算して見つけ出さなければ、売れるものにはなりません。そしてその困っていることが、解決すべき課題となります。何に困っているかはお客様にお聞きするのが手っ取り早いかもしれませんが、業界的にどっちに向かって進んでいるのか知っておくと、会社経営にも役立つはずです。 

商標の公開公報からは、企業の事業内容や将来的な商品展開がわかります。商標は販売する商品やサービスとセットで登録しないといけません。だから○○○会社は△△△(商標)を□□□(商品)につけて売るんだ~ってわかるんです。ちなみにかしこい企業の場合、主力商品だけじゃなくて、近い将来売ろうとしているサブ商品も含めて登録しています。

リスクしかないことがデメリット 

デメリットは、せっかく考えたのに、いつの間にかどこかの会社に登録を先取られていたことに気づかないという点です。最近では商品を販売する前に、特許や商標の登録状況を確認している中小企業が増えてきました。これはひとえに、先取られた特許とかぶってたら、将来的に損するという事実が認知されてきたからでしょう。 

また登録されていなくっても、特許や商標の申請がされていたということは、そのアイデアはもう陳腐化していくわけです。特許の場合、申請してから1年半後にアイデアが公開されます。だから特許が取られなければ、そのアイデアはみんなのものになり、もはや誰にも独占できなくなり、下手したらレッドオーシャンになりかねません。 

≪まとめ≫ 

このように特許や商標の情報をキャッチするのは、重要かつ有益なことです。新たな企画を検討するときはぜひこれらをチェックしてみることをオススメします。 

2014年3月12日 

著者 ゆうすけ

Pocket



関連記事

20170127tmd01

ピコ太郎さんも驚きの商標トラブル!エイベックス社が巻き込まれた状況を図解

  ピコ太郎さんの話題は2017年になってもまだまだ衰えるところを知りません。話題性

記事を読む

14561581102_472fb7425c (1)

コンサル重視に転換する製造業に期待すること

先日(2016/5/9)、「日立、営業2万人増員 コンサル重視へ転換」という記事が日経新聞に

記事を読む

26443844932_c18ddab420

地域の知財活動に役立つサイトまとめ

日本では、特許庁が知的財産(以下、「知財」)の取りまとめをしていますが、特許庁は経済産業省の

記事を読む

inf160417

熊本地震で影響を受けた手続の救済措置

©特許庁※画像にリンクあり[/caption] 2016年4月14日から発生している熊本地方

記事を読む

4201580931_07bf5403d6

プロダクトデザインを意匠と特許で守る訳

プロダクトデザインの保護といえば意匠、というのは皆さんご存知かと思いますが、特許でも保護でき

記事を読む

20170127tmd01
ピコ太郎さんも驚きの商標トラブル!エイベックス社が巻き込まれた状況を図解

  ピコ太郎さんの話題は2017年になってもまだまだ衰

20101606281_259b4e6f8c
社外弁理士に存在価値はあるのか?

先日(2016/5/16)の日経新聞に、「企業の枠越え 法実務

14561581102_472fb7425c (1)
コンサル重視に転換する製造業に期待すること

先日(2016/5/9)、「日立、営業2万人増員 コンサル重視

26443844932_c18ddab420
地域の知財活動に役立つサイトまとめ

日本では、特許庁が知的財産(以下、「知財」)の取りまとめをして

inf160417
熊本地震で影響を受けた手続の救済措置

©特許庁※画像にリンクあり[/caption] 2016年4月

→もっと見る



  • 弁理士/監査役/ブロガー。中堅企業、中小・ベンチャー企業、スタートアップに適した知的財産活動を提案。 「地域発 ヒット商品のデザイン」でネーミングと商標登録のコラムを掲載。
PAGE TOP ↑