*

「社名の由来コンテスト」開催!スタートアップが注目されるチャンス!!

公開日: : 最終更新日:2014/01/03 ネーミング開発

Pocket

©コクヨファニチャー(株)

コクヨファニチャーが主宰する「社名の由来コンテスト」が10月1日から開催されました。応募期間は10月31日まで。このイベントは、コンパクトなオフィス空間を提案するブランド「ofon」のプロモーション活動の一環で、わくわくするような自分らしい働き方を応援したいという想いから企画されたようです。

スタートアップの場合、活動内容がわかりやすくてオモシロくて超話題にならない限り、認知されるにはそれなりに時間がかかります。だからよりネーミングが大切になってくるわけです。

共感されるネーミングは、スタートアップの活動内容を伝える強力な武器になるはずです。以前、ヒットしたコンテンツ名を社名に変更した事例を紹介しましたが、変更しないに越したことはありません。

そこでスタートアップで認知度を飛躍的にアップさせたい方にオススメする「社名の由来コンテスト」についてまとめました。

スポンサードリンク

 ・著名な審査員に認められたらラッキー

コンテストの審査員はハンパない方々ばかりです。「レバレッジコンサルティング」の本田直行氏、「伝え方が9割」の佐々木圭一氏、コクヨファニチャー㈱執行役員の福井正治氏、この三名に社名の由来を審査してもらえることなんてそう滅多にありません。

特に「伝え方が9割」を読んだ方はわかると思いますが、佐々木氏はコトバのプロフェッショナルです。プロが見てその社名が伝わるものかどうかを客観的に判断するまたとない機会になるはずです。

・応募資格に創業年数はない

そうはいってもスタートアップの場合、まだ立ち上げて間もないわけだから大丈夫なの?と思うかもしれませんが、応募資格に創業年数はありません。

また審査基準の中には、「由来の実行度」に加え、「今後の期待度」が含まれています。つまり実績がまだ出ていなくても、社名の由来にもとづく想いに共感してもらえればチャンスはあるはずです。しかも「今後の期待度」が審査基準ということは、ある意味会社の先行きについてお墨付きをもらえるということではないでしょうか。

・働いてる事実は必要

応募フォームには会社の設立年月日の欄がありますが、記入例が2013年04月ということは、10月でもOKと考えよさそうです。

でも会社URLの欄があるように、当然ながらその会社の実態をウェブで確認するということでしょう。社名の由来、想いは400文字以内なのでうまくまとめることがもとめられそうです。

≪ピッタリナまとめ≫

コンテストで賞をもらうに越したことはありませんが、社名を見つめ直すいい機会ではないでしょうか。ビジネスの内容をわかってもらうことって簡単ではありません。むしろユーザーがその活動内容を知りたくなるようなアプローチが必要で、その有効な手段の一つが社名なわけです。つまりこのコンテストは、社名の由来って大切なんだよってことを暗に伝える企画なんだと思います。

・コクヨファニチャー㈱主催 「社名の由来コンテスト

2013年10月5日

著者 ゆうすけ

Pocket



関連記事

medium_2389879126

ネジだってブランドが大事でしょ!商品名で差別化する工具メーカーの戦略

工具の商品名なんて誰も見てないでしょ!とあきらめたらおしまいです。商品が地味で似たり寄ったり

記事を読む

medium_3921402115

地名+業界内で普通に使われる一般名称のネーミングを商標登録するのは難しい

ネーミングを検討するとき、地名は有効なキーワードです。なぜならその地域の会社や商品を検索する

記事を読む

medium_5198326130

ネーミングにヒトの感覚を刺激するキーワードをつかうとヒット商品になりやすい!

思わず見てしまう、買ってしまう、気になってしょうがない、忘れられない、〇〇〇といえばあれ!み

記事を読む

naming_20140330_001

人気のお土産「カリカリまだある?」に学ぶ、ヒットの条件とネーミングの効果

「地域発ヒット商品のデザイン」でぼくが書いたコラムでも事例として取り上げた北海道土産で人気の

記事を読む

medium_6171172763

世界のホンダもやってた!ネーミングと商標登録を同時に検討するメリットとしないデメリット

ぼくはネーミングと商標登録を同時に検討することに意義があると考えているので、これらについて日

記事を読む

20170127tmd01
ピコ太郎さんも驚きの商標トラブル!エイベックス社が巻き込まれた状況を図解

  ピコ太郎さんの話題は2017年になってもまだまだ衰

20101606281_259b4e6f8c
社外弁理士に存在価値はあるのか?

先日(2016/5/16)の日経新聞に、「企業の枠越え 法実務

14561581102_472fb7425c (1)
コンサル重視に転換する製造業に期待すること

先日(2016/5/9)、「日立、営業2万人増員 コンサル重視

26443844932_c18ddab420
地域の知財活動に役立つサイトまとめ

日本では、特許庁が知的財産(以下、「知財」)の取りまとめをして

inf160417
熊本地震で影響を受けた手続の救済措置

©特許庁※画像にリンクあり[/caption] 2016年4月

→もっと見る



  • 弁理士/監査役/ブロガー。中堅企業、中小・ベンチャー企業、スタートアップに適した知的財産活動を提案。 「地域発 ヒット商品のデザイン」でネーミングと商標登録のコラムを掲載。
PAGE TOP ↑