*

社外弁理士に存在価値はあるのか?

公開日: : 弁理士, 弁理士キャリア

Pocket

先日(2016/5/16)の日経新聞に、企業の枠越え 法実務磨く」という記事が載っていました。企業内の知財や法務の担当者が定期的に集まり、共通して抱える課題について意見交換を行っているそうです。

組織の構造改革や最適化に伴い、一人あたりの仕事の負荷が増えてきているし、スピード重視に伴い、意思決定の仕方や業務フローも刻々と変わってきているため、こうした現場レベルの意見交換は有意義だと思います。

photo credit: The Money Arrives via photopin (license)

スポンサードリンク

現場に活きる知財ノウハウが必要

特に知財については、時代背景(権利の活用、模倣品への対策、IT化など)も影響し、“情報”という無形財産の価値があがったため、その守り方(契約による秘密保持義務、営業秘密化による不正競争防止法の適用など)に工夫が必要になってきました。

このような現場レベルの知財ノウハウについて、社外の弁理士も日々キャッチアップしていくべきです。社内の知財担当者の負荷が増えれば、社外の専門家の負荷も増えるでしょう。でも、それはプロフェッショナルとしての責務ではないでしょうか。

中堅企業以下の法務の場合、弁理士に依頼せざるをえないとき(たとえば、他社に特許権侵害で訴えられたとき、弁理士の印(お墨付き)がないとダメなとき)って、まれな突発業務で、実はそんなに多くはないんですよね。

通常業務については、知財ノウハウがあればほとんど社内で片づけられるんじゃないでしょうか(中には、セカンドオピニオンや責任回避のために社外の専門家に依頼することもあります)。

つまり、社内に知財の知識や経験がある担当者がいれば、社外弁理士の存在価値は、基本的にないわけです。まして、担当者一人あたりの守備範囲が広がり、その分知識と経験が増えるため、今後はますますその存在価値が下がるかもしれません。

ひょっとしたら、存在価値というより、そもそも存在自体まだ認知されていないんじゃないかと感じるときもあります。便利屋さんと勘違いされることも今だにありますし(笑)。中堅企業以下の知財活動の普及がなかなか進んでいないのも事実です。

通常業務のうち、社内のマンパワー不足を補う単なるアウトソーシング先としてではなく、社内の事情に捕らわない発想や社内にはない幅広い経験やネットワークを活用することが、社外弁理士の存在価値の向上につながるでしょう。

≪まとめ≫

弁理士だけじゃなく、士業は法律の知識だけじゃ食べていけない時代かもしれません。もちろん、エッジがきいた法律家としての強みは大切です。ただ、お客様の状況も時代によって変わってきていることを考えると、専門家はお客様以上にスピーディーに変わっていくべきではないでしょうか。

ちなみに先日、あるお客様から相談されたとき、こんなコメントをいただきました。「こんなこと、ゆうすけさんにしか相談できない」と。とても嬉しかったです。無理難題でも気軽に相談してもらえる関係を意識して築いていくことも大切なんだと実感しました。

2016年5月18日

著者 ゆうすけ

Pocket



関連記事

IMG_3676

「世界をよくする仕事」で稼ぐ著書・大澤亮氏に学ぶキャリア形成に大切な3つのこと

仕事人ならキャリアはずっと付いてきます。他の人より光るキャリアの持ち主なら、予期せず転がって

記事を読む

5528275910_52c9b1ffb4

弁理士の仕事はどうなる?人工知能が特許調査してくれる時代とこれからの働き方

人型ロボットや人工知能が発達したら、人の仕事がなくなっちゃうかもしれませんね。 10年

記事を読む

2043072523_04cb3b0512

成功体験の反省も大事!「計画された偶然性」を意識すると人生が変わってくる

しばらくブログをサボってしまいました。仕事とプライベートで何かと盛りだくさんだったため、ブロ

記事を読む

book150814

弁理士が主人公の本「ぼくは愛を証明しようと思う。」を現役の弁理士が読んだ感想

ネットニュースでこの本のことを知り、なんと主人公が弁理士!ということで、早速購読しました。モ

記事を読む

7983534479_e6419d9dcf

中小企業が新たな価値を生むには?知的財産活動はモノづくりプロデュースのカギ

『ハゲタカ』シリーズの最新作『スパイラル』を背景に、著者の真山氏が語る日本の中小企業の実態や

記事を読む

20101606281_259b4e6f8c
社外弁理士に存在価値はあるのか?

先日(2016/5/16)の日経新聞に、「企業の枠越え 法実務

14561581102_472fb7425c (1)
コンサル重視に転換する製造業に期待すること

先日(2016/5/9)、「日立、営業2万人増員 コンサル重視

26443844932_c18ddab420
地域の知財活動に役立つサイトまとめ

日本では、特許庁が知的財産(以下、「知財」)の取りまとめをして

inf160417
熊本地震で影響を受けた手続の救済措置

©特許庁※画像にリンクあり[/caption] 2016年4月

4201580931_07bf5403d6
プロダクトデザインを意匠と特許で守る訳

プロダクトデザインの保護といえば意匠、というのは皆さんご存知か

→もっと見る



  • 弁理士/監査役/ブロガー。中堅企業、中小・ベンチャー企業、スタートアップに適した知的財産活動を提案。 「地域発 ヒット商品のデザイン」でネーミングと商標登録のコラムを掲載。
PAGE TOP ↑