*

引き出物もアイデア商品の時代!ウェディングビジネスの特許活用事例

公開日: : 特許, 特許事例研究, 特許戦略

Pocket

今日(2015/4/29)は親友の結婚披露宴に行ってきました。披露宴だけでも100人以上はいたかな~(二次会は200人くらいいたかも)。盛大なパーティーで楽しかったです。

そして、食後のティータイムのときに面白いカップでコーヒーをいただきました。注いだコーヒーがハート型なんです。なんだそりゃって感じですかな(笑)。

しかも、そのカップが引き出物だったんで説明資料を読むと、なんと特許品だったんです。たしかに見たことなかったんで、ほ~と思いました。まさにアイデア品ですね。

photo credit: WEDDING via photopin (license)

スポンサードリンク

ウェデングビジネスもアイデア商品の時代

実際にティータイムではコーヒーカップの話題になりました。なにこれー?って。女性ウケしてました。写真もとってたし、フェイスブックネタに使えそうだし。こんな感じです↓

披露宴会場では映像装置や音響設備といった工夫はしているでしょうが、何気なくテーブルで盛り上がっちゃうネタの提供なんかもしちゃうと残る印象が違うかもしれません。

ちなみに、これのどこが特許なんよ?っていう方にはちょっとだけ特許の内容をご紹介。ようは、カップの内側に凹んだ部分と外側に出っ張った部分がちょうど対面する形状がポイントです↓。

【請求項1】
上部が丸形で開放されている焼成により製造された器であって、
前記上部の丸形に次いで、外側が凹み内側に突出した凸条を均一の厚さで上下方向に設けるとともに、前記凸条に180度で対向する側にあって内側が凹み外側に突出した凹条を上下方向に設け、凸条及び凹条以外は円弧状にして横断面形状がハート形に形成されていることを特徴とする液状物を注いでいくことにより器の中にハート形が現出する器。

<引用:特許第3718421号「液状物を注いでいくことにより器の中にハート形が現出する器」>

アイデア自体と特許の取り方がうまいな~って感じました。もし誰かがハート形にコーヒーが浮かび上がるカップを作りたくても、この特許が障害になるからです。

≪まとめ≫

ウェディングビジネスのノウハウ自体で特許をとるのは厳しいけど、引き出物で特許をとるのはありです。グッズの制作会社だったら引き出物として売り込めるし、ブライダル会社だったらサービスの一環になるのではないでしょうか。

2015年4月29日

著者 ゆうすけ

Pocket



関連記事

14561581102_472fb7425c (1)

コンサル重視に転換する製造業に期待すること

先日(2016/5/9)、「日立、営業2万人増員 コンサル重視へ転換」という記事が日経新聞に

記事を読む

26443844932_c18ddab420

地域の知財活動に役立つサイトまとめ

日本では、特許庁が知的財産(以下、「知財」)の取りまとめをしていますが、特許庁は経済産業省の

記事を読む

inf160417

熊本地震で影響を受けた手続の救済措置

©特許庁※画像にリンクあり[/caption] 2016年4月14日から発生している熊本地方

記事を読む

4201580931_07bf5403d6

プロダクトデザインを意匠と特許で守る訳

プロダクトデザインの保護といえば意匠、というのは皆さんご存知かと思いますが、特許でも保護でき

記事を読む

25236620725_4df53fb958

ジェネリック家電のコピーを防ぐ特許戦略

photo credit: blood test via photopin (license)[/

記事を読む

20101606281_259b4e6f8c
社外弁理士に存在価値はあるのか?

先日(2016/5/16)の日経新聞に、「企業の枠越え 法実務

14561581102_472fb7425c (1)
コンサル重視に転換する製造業に期待すること

先日(2016/5/9)、「日立、営業2万人増員 コンサル重視

26443844932_c18ddab420
地域の知財活動に役立つサイトまとめ

日本では、特許庁が知的財産(以下、「知財」)の取りまとめをして

inf160417
熊本地震で影響を受けた手続の救済措置

©特許庁※画像にリンクあり[/caption] 2016年4月

4201580931_07bf5403d6
プロダクトデザインを意匠と特許で守る訳

プロダクトデザインの保護といえば意匠、というのは皆さんご存知か

→もっと見る



  • 弁理士/監査役/ブロガー。中堅企業、中小・ベンチャー企業、スタートアップに適した知的財産活動を提案。 「地域発 ヒット商品のデザイン」でネーミングと商標登録のコラムを掲載。
PAGE TOP ↑