*

他社の特許を調べて技術開発!「知財功労賞」の受賞会社から学ぶ知財管理術

公開日: : 特許, 特許事例研究

Pocket

特許庁が主催する、平成27年度「知財功労賞」の表彰式が本日(2015/4/17)行われました。特許庁のサイトには、今年度の受賞者のコメントが掲載されています。

その中で、今回は岐阜プラスチック工業株式会社の大松代表のコメントの一部をご紹介し、それについて考えてみました。

スポンサードリンク

他社の特許情報を自社のモノづくりに活かす!

知的財産権の保護強化のため、他社の保有権利等を独自にまとめた知財マップや、毎年400件を超える先行技術調査を行った上で開発を進め、その開発成果から新規性や進歩性の創出に励んでおります。

<引用:岐阜プラスチック工業株式会社 [岐阜県] 代表取締役社長 大松 利幸氏>

ライバル会社の特許を見れば、どういう技術に力を入れているかを推測することができます。特許には、特許庁が指定した技術毎のコードがふってあったりもします。

例えば、そのコードを集計すると、ライバル会社の特許分布図ができあがります。つまり、特許分布図からライバル会社の技術開発や特許戦略の動向を推測するできるわけです。

ライバル会社の動向は、自社の技術開発や事業戦略の方針材料にもできます。他社の特許を侵害しない製品づくりや荒らされていない市場開拓にも活用できるでしょう。

岐阜プラスチック工業株式会社には、こういった狙いがあって知財マップの作成や先行技術調査を行っていたんじゃないかと考えられます。他社の特許を参考にしたから自社の強みを磨けたのかもしれません。

その結果として、2014年に公開された岐阜プラスチック工業株式会社の特許出願は15件(J-Plat Pat調べ)。大企業と比べたら少ないものの、強い特許の獲得も期待できます。

≪まとめ≫

ライバル会社の特許情報の活かし方はいろいろあります。コストかけて徹底的に調べたらいいモノづくりができるというわけではありません。大事なのは、費用対効果のバランスです。中堅以下の会社では知財にかけられるマンパワーが不足気味のため、情報を取捨選択して有効活用する活動をサイクル化してみるのがいいのではないでしょうか。

2015年4月17日

著者 ゆうすけ

Pocket



関連記事

14561581102_472fb7425c (1)

コンサル重視に転換する製造業に期待すること

先日(2016/5/9)、「日立、営業2万人増員 コンサル重視へ転換」という記事が日経新聞に

記事を読む

26443844932_c18ddab420

地域の知財活動に役立つサイトまとめ

日本では、特許庁が知的財産(以下、「知財」)の取りまとめをしていますが、特許庁は経済産業省の

記事を読む

inf160417

熊本地震で影響を受けた手続の救済措置

©特許庁※画像にリンクあり[/caption] 2016年4月14日から発生している熊本地方

記事を読む

4201580931_07bf5403d6

プロダクトデザインを意匠と特許で守る訳

プロダクトデザインの保護といえば意匠、というのは皆さんご存知かと思いますが、特許でも保護でき

記事を読む

25236620725_4df53fb958

ジェネリック家電のコピーを防ぐ特許戦略

photo credit: blood test via photopin (license)[/

記事を読む

20170127tmd01
ピコ太郎さんも驚きの商標トラブル!エイベックス社が巻き込まれた状況を図解

  ピコ太郎さんの話題は2017年になってもまだまだ衰

20101606281_259b4e6f8c
社外弁理士に存在価値はあるのか?

先日(2016/5/16)の日経新聞に、「企業の枠越え 法実務

14561581102_472fb7425c (1)
コンサル重視に転換する製造業に期待すること

先日(2016/5/9)、「日立、営業2万人増員 コンサル重視

26443844932_c18ddab420
地域の知財活動に役立つサイトまとめ

日本では、特許庁が知的財産(以下、「知財」)の取りまとめをして

inf160417
熊本地震で影響を受けた手続の救済措置

©特許庁※画像にリンクあり[/caption] 2016年4月

→もっと見る



  • 弁理士/監査役/ブロガー。中堅企業、中小・ベンチャー企業、スタートアップに適した知的財産活動を提案。 「地域発 ヒット商品のデザイン」でネーミングと商標登録のコラムを掲載。
PAGE TOP ↑