*

知財管理もホワイトカラーのパラダイムシフトが必要!「トヨタ生産方式の逆襲」から学ぶ業務カイゼンの真髄とは?

公開日: : 最終更新日:2015/04/05 おすすめ本, 特許

Pocket

かんばん方式をはじめトヨタ生産方式が誤解されている理由や、実は製造現場に導入すべき考え方などが書かれた著書を読んで、共感できる点が多々ありました。

その中でも、トヨタ生産方式に対するホワイトカラーの実態とパラダイムシフトの必要性について語られた部分が印象深く、知財管理にも同様なことが言えるんじゃないかなって思っていま。

photo credit: Magic-Tree II via photopin (license)

スポンサードリンク

 

実は私の指導とは、製造現場で行うものだけではなく、むしろ企業の本社機能に巣食っているホワイトカラーとの「戦い」であり、「知恵比べ」でもあるのです。そうした「賢い」職種の人たちに、自分たちのこれまでの仕事の進め方が的外れなうえに非効率であることに気づいてもらい、製造現場と一体となって改革に取り組んでいけるような仕掛けを作ることが役割だとも思っています。

<引用:トヨタ生産方式の逆襲(鈴木尚久著)>

ぼくも以前、会社員時代にトヨタ生産方式に関する仕事をしたことがあります。簡単に言うと、トヨタ社の生産システムを子会社に移植するというプロジェクト。

そのとき思ったトヨタ生産方式のすごさって、ヒトの運用まできめ細かく仕組化していることです。どこの誰がいつどんな情報を入手し、入力し、送信したか?という業務をフロー化していました。

だから生産システムを移植するというのは、まるで脳みそを取り換えるようなもんで、トヨタ社の仕組みと子会社の仕組みを一つずつつなぎなおすため整理がむちゃくちゃ大変でした。

そんなことを思い出しながらこの本を読んでいましたが、弁理士になって知財の仕事していると、同じことを感じます。会社に知財管理を導入するなら、ホワイトカラーのパラダイムシフトが必要だなと。

中堅企業以下ではまだまだ知財管理=コストセンターのイメージが強いと感じます。たしかに、知財管理は売上に直結するものではないものの、将来的な売上を生み出す大切な活動です。

また、知財のリスク管理は会社に致命的な損害を与えない活動です。大地震が起きる前に防災対策をするのと同じで、トラブルが起きる前に取り組むから意味があるんです。

だから知財管理に対してもホワイトカラーのパラダイムシフトが 必要で、知財管理の業務カイゼンをサポートするのも弁理士の仕事の一つとぼくは考えています。

2015年4月4日

著者 ゆうすけ

Pocket



関連記事

14561581102_472fb7425c (1)

コンサル重視に転換する製造業に期待すること

先日(2016/5/9)、「日立、営業2万人増員 コンサル重視へ転換」という記事が日経新聞に

記事を読む

26443844932_c18ddab420

地域の知財活動に役立つサイトまとめ

日本では、特許庁が知的財産(以下、「知財」)の取りまとめをしていますが、特許庁は経済産業省の

記事を読む

inf160417

熊本地震で影響を受けた手続の救済措置

©特許庁※画像にリンクあり[/caption] 2016年4月14日から発生している熊本地方

記事を読む

4201580931_07bf5403d6

プロダクトデザインを意匠と特許で守る訳

プロダクトデザインの保護といえば意匠、というのは皆さんご存知かと思いますが、特許でも保護でき

記事を読む

25236620725_4df53fb958

ジェネリック家電のコピーを防ぐ特許戦略

photo credit: blood test via photopin (license)[/

記事を読む

20170127tmd01
ピコ太郎さんも驚きの商標トラブル!エイベックス社が巻き込まれた状況を図解

  ピコ太郎さんの話題は2017年になってもまだまだ衰

20101606281_259b4e6f8c
社外弁理士に存在価値はあるのか?

先日(2016/5/16)の日経新聞に、「企業の枠越え 法実務

14561581102_472fb7425c (1)
コンサル重視に転換する製造業に期待すること

先日(2016/5/9)、「日立、営業2万人増員 コンサル重視

26443844932_c18ddab420
地域の知財活動に役立つサイトまとめ

日本では、特許庁が知的財産(以下、「知財」)の取りまとめをして

inf160417
熊本地震で影響を受けた手続の救済措置

©特許庁※画像にリンクあり[/caption] 2016年4月

→もっと見る



  • 弁理士/監査役/ブロガー。中堅企業、中小・ベンチャー企業、スタートアップに適した知的財産活動を提案。 「地域発 ヒット商品のデザイン」でネーミングと商標登録のコラムを掲載。
PAGE TOP ↑