*

仕事選びに失敗しないためには?何をしたいかよりどう生きたいか考えるのが先!

公開日: : 最終更新日:2015/03/28 弁理士キャリア, 教育論

Pocket

「ゆうすけさんは、弁理士としてどういう方向性を考えているんですか?」って聞かれることがあります。特に、自分のキャリアの方向性に悩んでいる人たちに。 

もちろん聞かれたら、ぼくが思い描いている青写真をお話しています。でも、その青写真を描く前に、実は、どう生きていきたいか?ということを考えてるんです。 

photo credit: Innovación via photopin (license)

スポンサードリンク
 

どう生きたいかを考えたほうがいい

仕事選びで一般的に言われているのが、好きなことを仕事にすべきか?得意なことを仕事にすべきか?という選択。これは人それぞれだから、どっちでもいいと思うんです。 

ただ、どちらを選択するにしても、その大前提となるのが、どう生きていきたいか?とか、どんな自分でありたいか?ということではないでしょうか。 

たとえば、人に命令されず全て自分の意思で生きていきたければ、社長になればいいわけです。じっくり一つのことに没頭して生きていきたければ研究者、人を楽しませるのが自分の生きがいならお笑い芸人がむいているかもしれません。ペコペコちまちま働く生きかたをしたくなければ、デイトレーダーだってありです。 

全て自分の理想の生きかたから逆算した職業の選択プロセスです。 

ぼくの場合、自分のキャラクターと専門性を活かし、プロ野球でいう外国人助っ人みたいな、わりとフリーにフットワークよく生きていきたいと考えているので、弁理士や社外役員の仕事がフィットしています。 

ちなみに、小学校の卒業文集には、将来の夢で「探検家」と書いていました。きっと新たな発見に生きがいを感じるタイプなんでしょうね。 

だから、自分のキャリアの方向性に悩んでいる人は、まずどう生きていきたいかを考えみることをオススメします。具体的な職業の選択はその後、っていうか、どう生きたいかを自覚できれば、職業も絞られてくるはずです。 

会社員という選択肢しか残らなかったとしても、職場の選択プロセスは同じです。明るい職場でワイワイと働く生きかたをしたければ、環境に定評があるIT企業にいくとか、職人気質でコツコツ働く生きかたをしたければ、法律事務所とかいいかもしれません。もちろん、会社員であれば会社に貢献することが大前提です。 

ましてや、とりあえず資格取ろうとかありえません。こういう人に限って、資格取った後に自分の思い通りに仕事ができなかったり、人間関係がうまく行かなかったりして、転職や資格の登録抹消とかしちゃうわけです。 

≪まとめ≫

というわけで、ぼくにとって弁理士という資格はツールに過ぎません。生きていくための便利な道具です。だから今後も道具の活用方法を考えながらどう生きて生きたいかという青写真を描き続けます。 

2015年3月27日

著者 ゆうすけ

Pocket



関連記事

20101606281_259b4e6f8c

社外弁理士に存在価値はあるのか?

先日(2016/5/16)の日経新聞に、「企業の枠越え 法実務磨く」という記事が載っていまし

記事を読む

IMG_3676

「世界をよくする仕事」で稼ぐ著書・大澤亮氏に学ぶキャリア形成に大切な3つのこと

仕事人ならキャリアはずっと付いてきます。他の人より光るキャリアの持ち主なら、予期せず転がって

記事を読む

5528275910_52c9b1ffb4

弁理士の仕事はどうなる?人工知能が特許調査してくれる時代とこれからの働き方

人型ロボットや人工知能が発達したら、人の仕事がなくなっちゃうかもしれませんね。 10年

記事を読む

1405968527_715d6dac9b

地域と企業をデザインで融合!杉が好きスギる「スギダラケ倶楽部」にインスパイア!

大人になって自由な時間が減ってしまったせいか、コンクリートジャングルの中で働いているせいか、子どもの

記事を読む

2043072523_04cb3b0512

成功体験の反省も大事!「計画された偶然性」を意識すると人生が変わってくる

しばらくブログをサボってしまいました。仕事とプライベートで何かと盛りだくさんだったため、ブロ

記事を読む

20101606281_259b4e6f8c
社外弁理士に存在価値はあるのか?

先日(2016/5/16)の日経新聞に、「企業の枠越え 法実務

14561581102_472fb7425c (1)
コンサル重視に転換する製造業に期待すること

先日(2016/5/9)、「日立、営業2万人増員 コンサル重視

26443844932_c18ddab420
地域の知財活動に役立つサイトまとめ

日本では、特許庁が知的財産(以下、「知財」)の取りまとめをして

inf160417
熊本地震で影響を受けた手続の救済措置

©特許庁※画像にリンクあり[/caption] 2016年4月

4201580931_07bf5403d6
プロダクトデザインを意匠と特許で守る訳

プロダクトデザインの保護といえば意匠、というのは皆さんご存知か

→もっと見る



  • 弁理士/監査役/ブロガー。中堅企業、中小・ベンチャー企業、スタートアップに適した知的財産活動を提案。 「地域発 ヒット商品のデザイン」でネーミングと商標登録のコラムを掲載。
PAGE TOP ↑