*

特許を出すかべきか迷っている人に伝えておきたい5つのこととは?

公開日: : 特許, 特許戦略

Pocket

特許を出す前に考えないといけないのは、技術内容をオープンしてまで特許をとるべきかどうか?ということ。

価値ある技術・売れるアイデアなのに、コストをかけるべきか?で悩むのはもったいないです。 

そこで、特許を出すべきか迷っている人に伝えておきたい5つのことをまとめました。 

photo credit: Question mark via photopin (license)

スポンサードリンク

1.特許はコストじゃなく投資である 

特許をとるには、特許庁に支払う印紙代と弁理士に支払う報酬がかかります(ザッとトータル数十万円)。これだけ見ると、インパクトがあるかもしれません。 

でも特許は会計上、固定資産になります。それに、当然ながらメリットはあります。だからコストではなく投資なわけです。 

2.特許をとりたくてもとれなくなるときがある

特許はいつでもとれるわけでありません。タイミングが重要です。特許を出す前に商品を販売したら、原則的に特許はとれません。 

それにライバル会社が先に特許をとってしまうこともあります。これは今だかつてないアイデアだ!と思っても、同じことを考える人はどっかにいるわけです。 

3.特許はライバル会社をブロックする 

特許を出されると、ライバル会社は困ります。なぜなら、その特許が邪魔になって、ライバル会社の商品開発スピードが落ちるからです。 

そのため、ライバル会社が特許に二の足を踏んでる間に、マーケットを確保でき、その分の売上を確保できるわけです。 

4.費用が発生するタイミングは分散している 

特許とるのに数十万かかるとはいえ、実際に費用がかかるタイミングは分散しています。具体的には、出願した時、審査請求した時、審査官対応した時、登録が決まった時の4つのタイミングです。 

だから商品販売前に特許を出した(出願した)時は一時的に費用がかかるものの、その後は売上分を回すこともできるわけです。 

5.特許以外にも守るべきものがある

特許を出すべきでない(技術内容をオープンにすべきではない)なら、商品の意匠(デザイン)や商標(マーク)を登録して守るのはいかがでしょうか?

特許で全てが守れるわけではありません。しかも意匠登録や商標登録は、特許よりリーズナブルに登録できる上、特許とはちがうメリットがあります。

≪まとめ≫

特許はスピードも大切です。 検討しすぎてタイミングを逃すと、ライバル会社に出し抜かれるリスクもあるので、決断力も大切です。

2015年2月14日

著者 ゆうすけ 

Pocket



関連記事

14561581102_472fb7425c (1)

コンサル重視に転換する製造業に期待すること

先日(2016/5/9)、「日立、営業2万人増員 コンサル重視へ転換」という記事が日経新聞に

記事を読む

26443844932_c18ddab420

地域の知財活動に役立つサイトまとめ

日本では、特許庁が知的財産(以下、「知財」)の取りまとめをしていますが、特許庁は経済産業省の

記事を読む

inf160417

熊本地震で影響を受けた手続の救済措置

©特許庁※画像にリンクあり[/caption] 2016年4月14日から発生している熊本地方

記事を読む

4201580931_07bf5403d6

プロダクトデザインを意匠と特許で守る訳

プロダクトデザインの保護といえば意匠、というのは皆さんご存知かと思いますが、特許でも保護でき

記事を読む

25236620725_4df53fb958

ジェネリック家電のコピーを防ぐ特許戦略

photo credit: blood test via photopin (license)[/

記事を読む

20170127tmd01
ピコ太郎さんも驚きの商標トラブル!エイベックス社が巻き込まれた状況を図解

  ピコ太郎さんの話題は2017年になってもまだまだ衰

20101606281_259b4e6f8c
社外弁理士に存在価値はあるのか?

先日(2016/5/16)の日経新聞に、「企業の枠越え 法実務

14561581102_472fb7425c (1)
コンサル重視に転換する製造業に期待すること

先日(2016/5/9)、「日立、営業2万人増員 コンサル重視

26443844932_c18ddab420
地域の知財活動に役立つサイトまとめ

日本では、特許庁が知的財産(以下、「知財」)の取りまとめをして

inf160417
熊本地震で影響を受けた手続の救済措置

©特許庁※画像にリンクあり[/caption] 2016年4月

→もっと見る



  • 弁理士/監査役/ブロガー。中堅企業、中小・ベンチャー企業、スタートアップに適した知的財産活動を提案。 「地域発 ヒット商品のデザイン」でネーミングと商標登録のコラムを掲載。
PAGE TOP ↑