*

アパレル業界でデザイン登録は無意味か?手薄な現状とグローバル化の脅威

公開日: : 意匠 ,

Pocket

最近ホント多いのがブランド品のパクリ問題。このブログでもよく取り上げています。トレードマーク(商標)とデザイン(意匠)がそっくりだと、素人では見分けられません。

そのため、トレードマークを守る活動(商標登録)は活発です。ブランドの命ともいえるからでしょう。一方、デザインを守る活動(意匠登録)は手薄のようです。

そこで、アパレル業界のデザインの登録状況と、将来を見越したグローバル化の脅威について考えてみました。

photo credit: Tonic – Aveda Eco Fashion Week – Day 1 – Feb 23 11 via photopin (license)

スポンサードリンク
 

2013年のデザイン登録の実績 

これは特許庁が公開している統計データ(下表)です。注目したいのは一番右下。2013年の意匠登録件数は28,228件でした(引用:特許行政年次報告書2014年版「第1章 総括統計」更新日 2014年12月26日)。

このうち特許庁の検索データベースで調べたところ(下画像)、アパレルグッズ(主に、被服、服飾、カバン、靴)の意匠登録は1124件。これは年間の意匠登録件数の約3.9%にあたります。ちなみに、事務用品(主に、文房具、包装容器)の意匠登録は3434件で、全体の約12.1%です。

※検索項目のうち、「(現行)日本意匠分類・Dターム」では、アパレルグッズが「B 衣服及び身の回り品」、事務用品が「F 事務用品及び販売用品」に該当するグループをワイルドカード検索しています。

 

意匠登録では守れる範囲が狭い(デザインがちょっとでもちがうと権利範囲から外れやすい)ため、デッドコピー(完全パクリ品)を取り締まること以外の目的で意匠登録するメリットは少なく、その点でファンション企業は二の足を踏んでいると考えられます。

またアパレルグッズは生産工程がシンプルで比較的簡単に製造できてしまいます。しかも市場が大きく、販売単価も高い。だからパクリ業者としてもパクリがいがあるし、止めろと言われたら撤収も楽勝。これではパクリ対策もモグラたたきです。

そういう観点で考えると、法改正がさけばれているのも理解できます。

当面の目標はファッション企業も使いやすいように意匠法改正を促すこと。(1)審査を省き1~2カ月で意匠登録できるようにする(2)保護期間は1~2年だが登録料も安い分野を設ける――といった見直しが考えられるという。

<引用:2015/1/26 日経新聞「デザイン保護へ権利意識高める 知財戦略フロンティア 」>

他国の市場が奪われるのは脅威

パクリ品対策は消極的な考え方で、企業にとってはコストととらわれがちです。一方、こう考えるのはどうでしょうか?先に誰かに登録されたらその市場が奪われる、と。知的財産権も見方をかえれば脅威になります。

これは各国の意匠登録件数の推移(下グラフ)です。見てわかるとおり、日本やアメリカと比べると、中国国内での意匠登録出願件数がダントツに伸びています。2013年には657,582件が意匠登録を求めて申請されているようです(引用:特許行政年次報告書2014本編掲載図表ダウンロード「1-1-73図 中国における意匠登録出願構造」)。

ちなみに、中国の意匠登録出願件数のうち、アパレルグッズの割合は定かではありませんが、中国を市場と考えるファッション企業にとっては脅威と考えた方がよさそうです。

≪まとめ≫

パクリ対策の観点でいえば、意匠登録が切り札になるとはまだ考えにくいです。だから立体商標や不正競争防止法などの対策も同時進行で検討すべきです。一方、市場の確保という観点でいえば、他国での意匠登録が逆に脅威になりかねません。グローバル化を考えるなら、意匠登録は避けては通れなくなりそうです。

2015年2月7日

著者 ゆうすけ 

Pocket



関連記事

26443844932_c18ddab420

地域の知財活動に役立つサイトまとめ

日本では、特許庁が知的財産(以下、「知財」)の取りまとめをしていますが、特許庁は経済産業省の

記事を読む

4201580931_07bf5403d6

プロダクトデザインを意匠と特許で守る訳

プロダクトデザインの保護といえば意匠、というのは皆さんご存知かと思いますが、特許でも保護でき

記事を読む

24396358612_993aba70b9

当たり前のデザインが意匠登録される理由

モノづくりでもデザインの重要性は近年注目されています。商品の機能より世界観をいかにデザインで

記事を読む

25236620725_4df53fb958

ジェネリック家電のコピーを防ぐ特許戦略

photo credit: blood test via photopin (license)[/

記事を読む

5734800480_30a36c6198

2016年に注目の3つの知的財産の話題

明けましておめでとうございます。2016年もいよいよ幕開けしました。今年も知的財産のネタをわ

記事を読む

20170127tmd01
ピコ太郎さんも驚きの商標トラブル!エイベックス社が巻き込まれた状況を図解

  ピコ太郎さんの話題は2017年になってもまだまだ衰

20101606281_259b4e6f8c
社外弁理士に存在価値はあるのか?

先日(2016/5/16)の日経新聞に、「企業の枠越え 法実務

14561581102_472fb7425c (1)
コンサル重視に転換する製造業に期待すること

先日(2016/5/9)、「日立、営業2万人増員 コンサル重視

26443844932_c18ddab420
地域の知財活動に役立つサイトまとめ

日本では、特許庁が知的財産(以下、「知財」)の取りまとめをして

inf160417
熊本地震で影響を受けた手続の救済措置

©特許庁※画像にリンクあり[/caption] 2016年4月

→もっと見る



  • 弁理士/監査役/ブロガー。中堅企業、中小・ベンチャー企業、スタートアップに適した知的財産活動を提案。 「地域発 ヒット商品のデザイン」でネーミングと商標登録のコラムを掲載。
PAGE TOP ↑