*

努力を可視化しよう!ブログは自分の成長を客観的に感じるいいツールです。

公開日: : 最終更新日:2015/01/26 教育論

Pocket

時間が過ぎ、歳と経験が増えるほど、「継続は力なり」とつくづく思います。振り返ると、しんどいときもあったけど続けたから結果が出て今がある、ってことがけっこうあります。

理想は、楽しく続けて早く結果を出すこと。その点ブログは、考えたこと、実行したこと、反省したことを記録するのに丁度いいツールで、理想に近づく有効な手段と考えています。

photo credit: One Way Stock via photopin cc

スポンサードリンク

努力を可視化して成長を実感する

2:していることを「たんたんと」記録していく
・・・
その点、「レコーディングダイエット」が続けやすくて効果が出やすいとされるのは心理学的にうなずけます。「自分は何を続けているか」と「その効果」が目に見えてわかるので、自分の努力がどれだけ効果が出ているのかということがよくわかります。こうした「フィードバック」は、強力なモチベーションになります。

<引用:2015/1/23 diamond 「「この方法」で偏差値30からケンブリッジに受かった!毎日、つい努力できてしまう「5つのルール」」>

ぼくは元々、勉強は苦手だし長けた才能もないと自覚していますが、努力することには自信があります。典型的なコツコツ派ってやつですね。

でも努力することを追求してきたおかげで、勉強のテクニックや才能の伸ばし方や仕事のやり方がわかってきました。っていうか、もっと大きくいうと、生きる術ってやつですかね。

高齢化社会や年金や税金などの社会問題と、ITや人工知能やグローバルなどの経済動向を考えると、自分を磨いていかないと埋もれちゃうんじゃないかなっていう危機意識もあります。

だから今できるなら、泥臭い努力って、将来的には絶対に役立つはずです。そして、努力を楽しく続け、早く結果を出したいなら、成長を実感できるように記録することが大事なわけです。

≪まとめ≫

ぼくはブログで自分の思考を自分で客観的に見ることによって成長を感じています。しょぼい考え、つまらないアイデア、こういうのも可視化しないとわからないんですよね。

2015年1月25日

著者 ゆうすけ

Pocket



関連記事

1405968527_715d6dac9b

地域と企業をデザインで融合!杉が好きスギる「スギダラケ倶楽部」にインスパイア!

大人になって自由な時間が減ってしまったせいか、コンクリートジャングルの中で働いているせいか、子どもの

記事を読む

14690588581_b055275741

残念な社長の3つの特徴とは?優秀な社員ほど社長に期待していることがある!

いろんな事情があって会社勤めしている人は沢山いると思います。嫌なら辞めろと言われて辞めるくら

記事を読む

4875180429_642e7128ae

仕事選びに失敗しないためには?何をしたいかよりどう生きたいか考えるのが先!

「ゆうすけさんは、弁理士としてどういう方向性を考えているんですか?」って聞かれることがありま

記事を読む

8431849810_87844d1666

キャリアアップにつながる形式知化とは?伝えられることと検索できることが大事!

記事のタイトルにひかれて読みました。40歳を目の前にしている自分としては、興味深い内容だった

記事を読む

medium_1155965622

知財教育の目的とは?できるビジネスパーソンはみな知財マインドを持っている!

最近、知財教育が以前に増して注目されていますが、果たして知財教育の目的ってなんなんでしょうか

記事を読む

20170127tmd01
ピコ太郎さんも驚きの商標トラブル!エイベックス社が巻き込まれた状況を図解

  ピコ太郎さんの話題は2017年になってもまだまだ衰

20101606281_259b4e6f8c
社外弁理士に存在価値はあるのか?

先日(2016/5/16)の日経新聞に、「企業の枠越え 法実務

14561581102_472fb7425c (1)
コンサル重視に転換する製造業に期待すること

先日(2016/5/9)、「日立、営業2万人増員 コンサル重視

26443844932_c18ddab420
地域の知財活動に役立つサイトまとめ

日本では、特許庁が知的財産(以下、「知財」)の取りまとめをして

inf160417
熊本地震で影響を受けた手続の救済措置

©特許庁※画像にリンクあり[/caption] 2016年4月

→もっと見る



  • 弁理士/監査役/ブロガー。中堅企業、中小・ベンチャー企業、スタートアップに適した知的財産活動を提案。 「地域発 ヒット商品のデザイン」でネーミングと商標登録のコラムを掲載。
PAGE TOP ↑