*

弁理士に丸投げは危険!クズ特許にしないための特許明細書のチェックポイント

公開日: : 最終更新日:2014/11/15 特許, 特許1分講座

Pocket

10年くらい前までは、特許は質より量だ!という時代でした。大企業が特許を次々と出し、自分たちの領域を広げっていったのです。

しかし、そうやってとった特許の中には、もはや使えないクズ特許が多い場合もあります。そして、クズ特許になってしまった原因の一つが、特許の範囲が狭いというものです。

そうならないためには、弁理士に丸投げせず、特許を出す前にちゃんと内容をチェックすべきです。

photo credit: PNASH via photopin cc 

スポンサードリンク

ダイヤモンド特許にするには出願前にチェック!

・・・中小企業では、特許事務所から上がってきた特許明細書ドラフトについて、ほとんどチェックをせずに出願をしてしまっている状況のようです。しかし、このチェックをどの程度きちんと行うかによって、ダイヤモンドの原石が売れる宝石になったり、単なるクズと化したりするのです。したがって、このチェック工程は、「特許」を製品にたとえると、それが「売れる製品」になるか、「売れない在庫」になってしまうかを左右する重要な工程であるとも言えます。

<引用:鮫島正洋編集代表「技術法務のススメ」p113>

特許をとるために特許庁に提出する書類(業界では、「特許明細書」といいます。)を見たことがある方はわかると思いますが、かなり独特です。ぼくもはじめてみたときは、まったく意味がわかりませんでした。

最も意味がわからないのは、「特許請求の範囲」という項目。でも、ここが特許になる部分なんです。つまり、うちの発明を文章で書くとこんな特徴があるから特許にしてください!というところ。だから、とにかく「特許請求の範囲」のチェックが最も重要です。

チェックするポイントを簡単にいうと、余計な言葉や表現で特許請求の範囲が狭くなっていないか?という点。

たとえば、ぼくが画期的な「コーヒーカップ」を発明して、特許をとるとします。このとき、特許請求の範囲には、そのコーヒーカップの構造を文章に書きます。たとえばこんな感じ。

コーヒーが入る本体と、
本体の側壁に設けれらた取っ手と、
を備えたコーヒーカップ。

こう書いておくと、本体と取っ手があるコーヒーカップならどんなデザインでも特許請求の範囲に含まれることになります。コツは、「本体」とか「側壁」とか、意味を広く解釈できる言葉を使うことです。

悪い例としては、「円筒状の本体」とか、「耳型状の取っ手」とか、意味を狭く解釈されてしまう言葉で限定してしまうことです。

ただし、意味を広く解釈でき過ぎるあまり、特許請求の範囲が不明確にならないように注意する必要もあります。

≪まとめ≫

とにかくまずは余計な言葉や表現で特許請求の範囲が狭くなっていないか?のチェックをお奨めします。具体的には、余計な言葉が書かれていないか?です。

2014年9月27日

著者 ゆうすけ

Pocket



関連記事

14561581102_472fb7425c (1)

コンサル重視に転換する製造業に期待すること

先日(2016/5/9)、「日立、営業2万人増員 コンサル重視へ転換」という記事が日経新聞に

記事を読む

26443844932_c18ddab420

地域の知財活動に役立つサイトまとめ

日本では、特許庁が知的財産(以下、「知財」)の取りまとめをしていますが、特許庁は経済産業省の

記事を読む

inf160417

熊本地震で影響を受けた手続の救済措置

©特許庁※画像にリンクあり[/caption] 2016年4月14日から発生している熊本地方

記事を読む

4201580931_07bf5403d6

プロダクトデザインを意匠と特許で守る訳

プロダクトデザインの保護といえば意匠、というのは皆さんご存知かと思いますが、特許でも保護でき

記事を読む

25236620725_4df53fb958

ジェネリック家電のコピーを防ぐ特許戦略

photo credit: blood test via photopin (license)[/

記事を読む

20170127tmd01
ピコ太郎さんも驚きの商標トラブル!エイベックス社が巻き込まれた状況を図解

  ピコ太郎さんの話題は2017年になってもまだまだ衰

20101606281_259b4e6f8c
社外弁理士に存在価値はあるのか?

先日(2016/5/16)の日経新聞に、「企業の枠越え 法実務

14561581102_472fb7425c (1)
コンサル重視に転換する製造業に期待すること

先日(2016/5/9)、「日立、営業2万人増員 コンサル重視

26443844932_c18ddab420
地域の知財活動に役立つサイトまとめ

日本では、特許庁が知的財産(以下、「知財」)の取りまとめをして

inf160417
熊本地震で影響を受けた手続の救済措置

©特許庁※画像にリンクあり[/caption] 2016年4月

→もっと見る



  • 弁理士/監査役/ブロガー。中堅企業、中小・ベンチャー企業、スタートアップに適した知的財産活動を提案。 「地域発 ヒット商品のデザイン」でネーミングと商標登録のコラムを掲載。
PAGE TOP ↑