*

人気のお土産「カリカリまだある?」に学ぶ、ヒットの条件とネーミングの効果

公開日: : ネーミング開発

Pocket

「地域発ヒット商品のデザイン」でぼくが書いたコラムでも事例として取り上げた北海道土産で人気の「カリカリまだある?」。販売元は株式会社YOSHIMI。

特許庁が発行する「知的財産権活用企業事例集2014」でも紹介されていたので、商品がヒットする条件とネーミングの効果ポイントをまとめました。

©画像 株式会社YOSHIMI

消費者目線でパッケージのデザインやネーミングを考える

デザイン、価格、味及び時流の4つがヒット商品を生む条件。

消費者がおみやげ品を購入する際に、最も重視するのがパッケージのデザインやネーミングである。「カリカリまだある?」は、既に4回デザインを変えており、シンプル化が進んでいる。商品開発は、最初に、今までにないシェフ自慢の味に仕上げる。そして、商品化をイメージして、自ら書き留めたスケッチを基にパッケージのデザインやネーミングを決定。その後、消費者がいくらであれば購入するのか、原価を計算して販売価格を決める。 

「カリカリまだある?」は、最初の商品企画で商品名は「カリカリ」であった。開発中に勝山社長がビールを飲みながら2袋食べた時、奥さんに「カリカリまだある?」と聞いたことをそのまま表現したことで、大ヒットにつながった。

<引用>特許庁「知的財産権活用企業事例集2014」株式会社YOSHIMI(北海道札幌市中央区)

ネーミング開発のきっかげが、伊藤園の「おーいお茶」とまったく同じだったのに驚きました。「おーいお茶」のネーミングは、テレビCMでお父さんがお母さんにお茶をお願いしたシーンのひと声から生まれものなんです。

このように会話形式のネーミングは記憶に残りやすい効果が高く、商品もヒットしやすいようです。

<関連記事> ニューロマーケティングで「なんとなく」脳に伝わるネーミングのつくり方

≪まとめ≫

パッケージやネーミングの開発秘話はストーリー性があってとても共感できるし、参考になります。パッケージやネーミングを決めるときは、その過程もちゃんと記録に残すと商品への共感度が増すでしょう。

2014年3月30日

著者 ゆうすけ 

Pocket



関連記事

medium_2389879126

ネジだってブランドが大事でしょ!商品名で差別化する工具メーカーの戦略

工具の商品名なんて誰も見てないでしょ!とあきらめたらおしまいです。商品が地味で似たり寄ったり

記事を読む

medium_3921402115

地名+業界内で普通に使われる一般名称のネーミングを商標登録するのは難しい

ネーミングを検討するとき、地名は有効なキーワードです。なぜならその地域の会社や商品を検索する

記事を読む

medium_5198326130

ネーミングにヒトの感覚を刺激するキーワードをつかうとヒット商品になりやすい!

思わず見てしまう、買ってしまう、気になってしょうがない、忘れられない、〇〇〇といえばあれ!み

記事を読む

medium_6171172763

世界のホンダもやってた!ネーミングと商標登録を同時に検討するメリットとしないデメリット

ぼくはネーミングと商標登録を同時に検討することに意義があると考えているので、これらについて日

記事を読む

medium_8266216454

保険の商品にも使われてる心理学のヒューリスティックを活かしたネーミング戦略

ヒューリスティックとは、必ず正しい答えを導けるわけではないが、ある程度のレベルで正解に近い答

記事を読む

20170127tmd01
ピコ太郎さんも驚きの商標トラブル!エイベックス社が巻き込まれた状況を図解

  ピコ太郎さんの話題は2017年になってもまだまだ衰

20101606281_259b4e6f8c
社外弁理士に存在価値はあるのか?

先日(2016/5/16)の日経新聞に、「企業の枠越え 法実務

14561581102_472fb7425c (1)
コンサル重視に転換する製造業に期待すること

先日(2016/5/9)、「日立、営業2万人増員 コンサル重視

26443844932_c18ddab420
地域の知財活動に役立つサイトまとめ

日本では、特許庁が知的財産(以下、「知財」)の取りまとめをして

inf160417
熊本地震で影響を受けた手続の救済措置

©特許庁※画像にリンクあり[/caption] 2016年4月

→もっと見る



  • 弁理士/監査役/ブロガー。中堅企業、中小・ベンチャー企業、スタートアップに適した知的財産活動を提案。 「地域発 ヒット商品のデザイン」でネーミングと商標登録のコラムを掲載。
PAGE TOP ↑