*

「大阪都構想」はわかりにくかった?政治の成功も左右するネーミングのチカラ

公開日: : ネーミング事例研究

Pocket

以前、石原さんが代表の「太陽の党」の由来について記事を書きましたが、今回は維新の会のネーミングについて石原代表が一喝しました。

photo credit: sidesmirk via photopin cc

スポンサードリンク
 

「大阪都構想」はわかりにくいと一喝

さすが作家の石原代表。ネーミングのチカラを理解されての発言です。

・・・「大阪都構想」のネーミングが悪かった。「東京に追いつき追い越せ」といったキャンペーンをすべきだった。衰弱した大阪をもう一回、再生させようというのが大眼目だったんでしょ?

国政を論じる政党を、と思って日本維新の会を作ったが、ギャップができてしまった感じがする。彼は政治家としての願望をもっと全国に分かりやすく伝える努力をすべきだった。東京都民に「大阪都構想」と言っても、「それは何なんだ」と思うでしょ?

2014/3/24 産経新聞「大阪市長選 維新・石原共同代表「橋下氏、壮絶に空振っちゃった」

大阪都構想は、大阪市(および堺市その他の大阪市周辺の市)を廃止し、その領域に特別区を設置するという構想です(ウィキペディア調べ)。「東京都」ができたように、大阪も「府」から「都」に名称変更するというものです。

ネーミングって、人がそれを見たときに、その内容や効果を感じ取れるものが理想的です。そのようなわかりやすいネーミングだと人々に伝わりやすいわけです。

「大阪都構想」という言葉自体は、将来的に大阪府が大阪都になるんだろうな~となんとなく理解できるため、わかりやすいといえばわかりやすいです。でもそもそも「大阪都」がどんな風になるのか?大阪府と比べてどう変わるのか?というのがこのままではわかりにくいのも確かです。

石原代表のイメージでいうと、「東京追いつき追い越せ構想」という感じでしょうか。大阪の方々にとっては東京という比較対象が明確になり、かつライバル心が出るため、政治と市民の一体感が生まれたかもしれません。

≪まとめ≫

未来を先取りしたネーミングはかえってわかりにくくなってしまいます。それ(大阪府構想)を実行するとどうなるか?ということを、「東京」のように比較できる対象があるならば、そのキーワードを入れると伝わるでしょう。

2014年3月25日

著者 ゆうすけ

Pocket



関連記事

medium_13855753

店名の価値をあげるちょっとした工夫とは?濁点を活かしたサガミチェーンの事例

連休に、学生時代の友人に会いに名古屋へ行ってきました。1~2年に1回は会って互いの状況を話し合うもの

記事を読む

medium_14007044860

ゲーム業界のジャンル名も商標登録できる!「サウンドノベル」からの学び

ゲーム業界のネーミングといえば、ソフト名やキャラクター名をパッと思い出します。だからそれらを

記事を読む

medium_4128149164

鹿児島に行ったら無料情報誌も要チェック!ネーミングやキャラクターに一工夫

九州でも最南端に位置する鹿児島。先日、熊本に住む親友に、鹿児島まで車で連れていってもらいまし

記事を読む

medium_4255026872

ブランド効果高し!一般名称をアルファベットにして商標登録できたネーミング事例

一般名称が商標登録されてしまうと、他の人たちがその一般名称を使えなくなってしまいます。だから

記事を読む

medium_6636632951

カレーメシに改名!商品名とパッケージを変えてブランディングする日清の戦略

日清から新発売のカレーメシ。聞いただけで興味をそそられる商品です。アートディレクターの佐藤可

記事を読む

20170127tmd01
ピコ太郎さんも驚きの商標トラブル!エイベックス社が巻き込まれた状況を図解

  ピコ太郎さんの話題は2017年になってもまだまだ衰

20101606281_259b4e6f8c
社外弁理士に存在価値はあるのか?

先日(2016/5/16)の日経新聞に、「企業の枠越え 法実務

14561581102_472fb7425c (1)
コンサル重視に転換する製造業に期待すること

先日(2016/5/9)、「日立、営業2万人増員 コンサル重視

26443844932_c18ddab420
地域の知財活動に役立つサイトまとめ

日本では、特許庁が知的財産(以下、「知財」)の取りまとめをして

inf160417
熊本地震で影響を受けた手続の救済措置

©特許庁※画像にリンクあり[/caption] 2016年4月

→もっと見る



  • 弁理士/監査役/ブロガー。中堅企業、中小・ベンチャー企業、スタートアップに適した知的財産活動を提案。 「地域発 ヒット商品のデザイン」でネーミングと商標登録のコラムを掲載。
PAGE TOP ↑