*

「 特許1分講座 」 一覧

特許の仕事を頼んできた人の意図を確認する3つのポイント

昨日のライフハッカーで、「マッキンゼーのエリートが大切にした、ダンドリ上手な仕事の進め方」という激しく共感できる投稿(新刊の紹介)がありました。 その中の項目の一つに「「仕事を頼んできた

続きを見る

モノづくりのアイデアは弁理士に相談してみて!発明のヒントが見つかるよ

2014/08/18 | 特許, 特許1分講座

モノづくりのアイデアを思いついた時、それが売れるかどうかや本当につくれるかどうかなど、いろいろ考えないといけないことがあります。でもその前に、そのアイデアをどうやって育てていくか、つまりどうプ

続きを見る

特許の調べ方-グーグルパテントが便利すぎる!米国特許を調べるならまずコレ

2014/08/04 | 特許, 特許1分講座

特許制度は世界各国で導入されています。そして先進国では特許公報のデータベースが充実しています。条件検索やあいまい検索もできます。でも検索しなれてないと、時間がかかります。 そんなときはグ

続きを見る

特許の調べ方-ライバル企業の特許のポイントを簡単に絞り込む考え方

2014/07/31 | 特許, 特許1分講座

ライバル企業の特許を見つけたけど、読みにくい文章だな~、なんだこりゃ!って思った方もけっこういるとんじゃないでしょうか。 それはしかたがないことなんです。特許って、アイデアを言葉に置き換

続きを見る

特許の調べ方-ライバル企業の特許のポイントを読み解く審査書類情報の見方

2014/07/30 | 特許, 特許1分講座

特許は審査官が審査して、特許にするかどうか判断されます。審査によって、こりゃ特許にできんな~と判断されると、拒絶理由通知とか拒絶査定とかインパクトある書類が送られてきます。 でもそれらに

続きを見る

特許の調べ方-経過情報からライバル企業の特許戦略をサクッと確認する方法

2014/07/29 | 特許, 特許1分講座

ある会社の特許を調べていると、これはどういう流れで特許になったのか調べるときがあります。 例えば、特許が認められない理由の通知(拒絶理由通知)がされたかどうかを調べることで、その技術分野

続きを見る

特許の調べ方-特許番号からライバル企業の特許公報を見る2つの方法

2014/07/28 | 特許, 特許1分講座

ホームページや商品広告に特許番号を載せる企業がけっこう増えてきました。宣伝にもなるし、ライバル企業をけん制するメリットもあるからです。  一方、これを見たライバル企業としては心中穏やかで

続きを見る

【図解】特許・意匠・商標の侵害検討の思考パターンと対比ステップの概念

  特許と意匠と商標はそれぞれぜんぜん違いますが、考え方(侵害検討のアプローチとか)は一部共通しているところがあります。なぜこんなことを考えたかというと、そもそもの切っ掛けは、意匠の実務ってどう

続きを見る

身近な課題を解決するのが発明のコツ!ヒット商品と特許に最先端は不要

2014/07/09 | 特許, 特許1分講座

なるほど~。今年ブレイクした「空調服」の発明者・市ヶ谷社長の言葉に納得です。 photo credit: mohammadali via photopin cc ヒット商品と特許に最先

続きを見る

特許を出すとアイデアが公開される。そのデメリットはまるでコロンブスの卵!

2014/07/07 | 特許, 特許1分講座

IT企業を経営しているお客さんから、独自のシステムについて特許がとれないかどうか相談がありました。おそらく特許はとれると思いますが、果たしてそれでいいかどうか悩んでいます。なぜなら特許をとると

続きを見る

20170127tmd01
ピコ太郎さんも驚きの商標トラブル!エイベックス社が巻き込まれた状況を図解

  ピコ太郎さんの話題は2017年になってもまだまだ衰

20101606281_259b4e6f8c
社外弁理士に存在価値はあるのか?

先日(2016/5/16)の日経新聞に、「企業の枠越え 法実務

14561581102_472fb7425c (1)
コンサル重視に転換する製造業に期待すること

先日(2016/5/9)、「日立、営業2万人増員 コンサル重視

26443844932_c18ddab420
地域の知財活動に役立つサイトまとめ

日本では、特許庁が知的財産(以下、「知財」)の取りまとめをして

inf160417
熊本地震で影響を受けた手続の救済措置

©特許庁※画像にリンクあり[/caption] 2016年4月

→もっと見る



  • 弁理士/監査役/ブロガー。中堅企業、中小・ベンチャー企業、スタートアップに適した知的財産活動を提案。 「地域発 ヒット商品のデザイン」でネーミングと商標登録のコラムを掲載。
PAGE TOP ↑