*

「 おすすめ本 」 一覧

「世界をよくする仕事」で稼ぐ著書・大澤亮氏に学ぶキャリア形成に大切な3つのこと

仕事人ならキャリアはずっと付いてきます。他の人より光るキャリアの持ち主なら、予期せず転がってきたチャンスもしっかりキャッチしています。そういう意味で、キャリアの積み上げって大事なんだって感じて

続きを見る

アップルのデザインの表と裏の世界

2015/11/20 | おすすめ本, 意匠

ファッションなどに限らず、デザインというキーワードは産業の発達に欠かせない要素になってきました。そして、デザインを語る上で欠かせない存在といえば、アップル社ではないでしょうか。 華やかな

続きを見る

著書「ハゲタカ外伝 スパイラル」から考える特許の無償開放(オープン戦略)の意義

2015/09/07 | おすすめ本, 特許

以前、「ハゲタカ外伝 スパイラル」の著書・真山氏のコメントに基づいてエントリーしましたが、今回は「スパイラル」で登場する“特許の無償開放”について簡単にご紹介します(ネタバレにはならないと思い

続きを見る

弁理士が主人公の本「ぼくは愛を証明しようと思う。」を現役の弁理士が読んだ感想

2015/08/14 | おすすめ本, 弁理士

ネットニュースでこの本のことを知り、なんと主人公が弁理士!ということで、早速購読しました。モテない弁理士の主人公が、「恋愛工学」というモテるための理論を知り、人生が一変するというストーリーです

続きを見る

知財管理もホワイトカラーのパラダイムシフトが必要!「トヨタ生産方式の逆襲」から学ぶ業務カイゼンの真髄とは?

2015/04/04 | おすすめ本, 特許

かんばん方式をはじめトヨタ生産方式が誤解されている理由や、実は製造現場に導入すべき考え方などが書かれた著書を読んで、共感できる点が多々ありました。 その中でも、トヨタ生産方式に対するホワ

続きを見る

漫画「監査役野崎修平」から学ぶ、会社を立て直す信念と折れない心を育てる一言

2015/03/22 | おすすめ本

監査役の仕事をしていると、どこまで会社経営に対して突っ込んだらいいか?会社の人とどう接したらいいか?など考えさせられます。相応の権限があるため、発言や行動に責任が伴うからです。 「監査役

続きを見る

「マーケット感覚を身につけよう」から考える買い手にとっての特許の価値とは?

2015/03/09 | おすすめ本, 特許

ちきりんさんの最新刊「マーケット感覚を身につけよう」を読んで、あらためてマーケットの意味を認識できました。  そこで、マーケット感覚で考える特許の価値について考えてみました。  特許と

続きを見る

生産管理は特許になる!ものづくりの製造工程はメーカーの超重要な知的財産

10年以上前に話題になってから、ずっと製造工程のカイゼン業務のバイブルである「ザ・ゴール」。そのコミック版が発売されていたので、思わず買ってしまいました。 ぼくは弁理士になる前、メーカー

続きを見る

薄っぺらな自分からの脱却!【古典が最強のビジネスエリートをつくる(齋藤孝)】

2014/04/13 | おすすめ本

自分なりに考えて仕事をし、ブログを書き、勉強してきましたが、なんとなく薄っぺらさを感じてました。もっと深く物事を考えられるようになりたい、そんな風に想っていたときに「古典が最強のビジネスエリー

続きを見る

ゴルフも人生も“気づけば”楽しくなる【ゴルフは「気づく」だけでスコアアップできる】

2014/03/22 | おすすめ本

ようやく長い冬も終わったようですね。ぼくは寒いのが苦手なので、基本的に冬は行動範囲が狭くなります。そうはいっても何もしないわけじゃなくて、海遊びとかバーベキューとか暖かくないとできないこと以外

続きを見る

20170127tmd01
ピコ太郎さんも驚きの商標トラブル!エイベックス社が巻き込まれた状況を図解

  ピコ太郎さんの話題は2017年になってもまだまだ衰

20101606281_259b4e6f8c
社外弁理士に存在価値はあるのか?

先日(2016/5/16)の日経新聞に、「企業の枠越え 法実務

14561581102_472fb7425c (1)
コンサル重視に転換する製造業に期待すること

先日(2016/5/9)、「日立、営業2万人増員 コンサル重視

26443844932_c18ddab420
地域の知財活動に役立つサイトまとめ

日本では、特許庁が知的財産(以下、「知財」)の取りまとめをして

inf160417
熊本地震で影響を受けた手続の救済措置

©特許庁※画像にリンクあり[/caption] 2016年4月

→もっと見る



  • 弁理士/監査役/ブロガー。中堅企業、中小・ベンチャー企業、スタートアップに適した知的財産活動を提案。 「地域発 ヒット商品のデザイン」でネーミングと商標登録のコラムを掲載。
PAGE TOP ↑